ED治療薬は副作用が出る薬!しっかりと副作用について理解しよう

 

ED治療薬というのは臨床データでも被験者の8割以上に効果を実感した非常に高い効果を得ることが出来た医薬品です。

だからこそ世界中で使われていて多くの人に長年利用しているのです。

日本で認可される前までは海外に行って自分で手に入れたりする人もいました。

とはいえ現状でも一般的にED治療薬を服用しようと思ったらドラッグストアで購入することは出来ず、基本的には病院から処方してもらうことでしか手に入れることが出来ませんよね。

もっと手軽に手に入れたいからドラッグストアとかでも販売すれば良いのに!って思うかもしれませんが、手軽に購入をしてしまい誤った服用をするのは危険だからこそしっかりと医者の説明を聞いた上での処方となるのです。

なぜならばED治療薬は副作用が出る薬だからです。

初めてED治療薬を使うのであれば副作用についてもしっかりと把握しておく必要があります。

ED治療薬というのはある程度の副作用があるということはしっかりと認識するようにしましょう。

ED治療薬の副作用の症状

ED治療薬には、以下の副作用が症状としてあらわれます。

○ 頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり
○ めまい、動悸、血圧の変動、頻脈
○ 視覚異常、彩視症、光視症、光に敏感になる、目のかすみ、青くみえる

これらの副作用はED治療薬全般に見られる副作用です。

ED治療薬は血管を拡張させて血の巡りをよくする作用があるので顔のほてりや目の充血はおよそ9割の人に起こるといわれています。

慌てずにむしろ薬の効果が現れてきた合図と思っておきましょう。

人によっては二日酔いに似たようなズキズキする頭痛がでたり、動機、鼻づまり、色覚変化の症状も報告されていますが、どれも一時的なもので、薬の効果と共に徐々に収まっていくのでまず心配ありません。
※薬の効果作用時間が過ぎても症状が現れた場合はED専門の医者に相談をしてください。

ED治療薬全般の副作用には、個人差があります。

ED治療薬の連続使用は危険!絶対にNG

ED治療薬に含まれる主要成分はどれも似たようなもので、副作用として似たような症状がありますが、一緒に併用をしてはいけない薬があります。

併用禁忌薬は色々ありますが、その中でも絶対に避けなくてはいけないのが「ニトログリセリン」です。

ED治療薬は血管を拡張する作用がありますが、ニトログリセリンも同様に血管を拡張させる作用があり、心臓病の薬として用いられています。

ニトログリセリンとED治療薬を併用してしまうと効果がダブルで発揮されてしまい、血管が拡張されすぎて血圧が著しく低下してしまう恐れがあるのです。

急激な血圧の低下によって最悪の場合命の危険にまで至ります。

またED治療薬を連続使用してしまうことで二重に効いてしまうので絶対に危険です。服用後は最低でも24時間は必ず間隔を空けて使いましょう。

医薬品だから大丈夫でしょ?って楽観視している人がいますが、危険ですので今薬を服用している人は必ず確認をしましょう。

絶対にED治療薬と併用してはいけない禁忌薬

ED治療薬の副作用と対処方法

ED治療薬を服用して顔の火照りや目の充血などであればそこまで気にしなくても言いですが、ED治療薬を服用して現れる症状として頭痛が現れるケースもあります。

人によって症状の差が出たり、その日の体調によっても異なりますよね。

まったく副作用が出ないのであればそれに越したことはありませんが、頭痛が痛くて性行為に集中できないという人もいますよね。

せっかくの性行為が頭痛がするから全然楽しめないという人もいると思いますが、頭痛が酷く症状として現れてしまうのであればロキソニンをはじめとする頭痛薬や鎮痛剤と併用しても大丈夫です。

ロキソニンは服用してから15分ぐらいから効き始めるので即効性の早いレビトラと一緒に服用しても頭痛に悩まされることはないので安心できます。

ただし、ロキソニンを服用すると胃が荒れてしまうという人もいますのでその場合も胃薬も一緒に飲めば万全の状態で性行為に臨むことが出来ます。

ED治療薬服用してからの車の運転は控える

ED治療薬を服用したら光に過敏になってしまったり、めまいなどが起こったりします。

人によってはまったく症状が現れないという人もいますが、症状が出たら車の運転は極力控えたほうが良いでしょう。

ED治療薬を飲んだら顔が火照ってしまう

ED治療薬は血管のめぐりを良くします。アルコールも血の巡りをよくする作用があるのでお酒を飲むと顔が赤くなりますよね。ED治療薬もアルコールを飲んだように顔が火照ってしまいますが、特に焦る必要はないです。

自然と顔の火照りも収まってくるので心配しないで大丈夫です。

ED治療薬における副作用のまとめ

ED治療薬による副作用というのは人によって違いが出たり、その日の体調によって副作用が強く出たり出なかったりします。

ですが、基本的には慌てる必要は無く薬の効果がなくなってきたらそれと同じように副作用の症状も治まってきます。

もし副作用が一日経っても症状が出るという際は我慢せずに専門の医者に相談をしましょう。

ロキソニンなどの鎮痛剤や頭痛薬や胃薬などは併用して服用しても大丈夫ですが、絶対に併用をしてはいけない薬もあるということもありますので確認はしておきましょう。

 

関連記事

  1. ED治療薬を女性が飲んだらどうなる?女性用バイアグラってあるの?

  2. 39歳独身男性・・勃たない男がたった数分で自信を取り戻すまでのまでの1000日闘争記

  3. ED治療薬を用途によって使い分け!それぞれの特徴を比較しよう

  4. 50代夫婦の性生活・・夫婦の夜の営みは半年に一回・・

  5. 第二世代のED治療薬レビトラの特徴

  6. 絶対にED治療薬と併用してはいけない禁忌薬

男の自信を取り戻す