AGA治療って何が凄いの?分からない人でも簡単に説明

 

あれ?何か気付いたら相手は自分の目線ではなくて目よりも高いところをちらちら見ている・・・。なんていうことを感じている人も少なくないでしょう。

自分ではまだまだいけると思っていた生え際あたりをよく見られることが増えてきてそろそろ本格的に育毛・発毛に励もうかな?って思っていても育毛や発毛に関して言えば専門クリニックのリーブ21とかに通ったほうがいいのかなって思うけれどここ最近AGAのクリニックが増えてきているし、注目を浴びているらしい・・・。

本格的に始めなくてはいけないの分かっているけれどどうせ始めるのであればしっかりと効果があるものを始めたいと思うのは当然ですよね。

ここ最近すっかりおなじみとなった“AGA治療”でもAGAって?なに?AGAが悪いって何なの?ってよく分からない人もいると思います。

まずはしっかりとAGA治療についてしっかりと基本を知ることを始めていくようにしましょう。

ここでは今更聞けないAGA治療を分かりやすく詳しく説明をしていきます。

AGAってそもそも何?

AGAというのは男性型脱毛症のことを指しており、髪の毛のヘアサイクルが乱れてしまう『病気』です。言ってしまえば俗に『若ハゲ』と呼ばれることです。

髪の毛には1本1本に成長があって寿命があります。ぐんぐんと太く伸びて成長をしていき、やがて落ち着いて抜け落ちてまた生えるというサイクルで回っているのですが、この成長期の時期に髪の毛を育ちきらない状態で髪の毛が落ち着いていき抜け落ちてしまうのです。

毛髪が抜け落ちてしまう原因というのは色々な原因があり、遺伝、男性ホルモンの乱れやストレス、食事、生活習慣などが上げられると思います。

その中で最も影響があるのが男性ホルモンの乱れです。

【男性ホルモン】
AGAを引き起こす原因となっているのはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種であり、5αリダクターゼと結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されます。

このジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びついてしまうと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまうのです。

【遺伝】
よくハゲは遺伝するというのがありますが、これは正しいです。というのはAGAの主な原因である男性ホルモンが生まれつき多いか少ないかは遺伝に寄るところが多いです。

男性ホルモンが多ければ当然髪の毛も抜けやすくなります。

【ストレス】
ストレスが溜まると自律神経が常に緊張状態になり、髪の毛に栄養を行き渡らせる毛細血管が収縮して栄養が行き渡らなくなってしまいます。

ストレス社会と言われている中で中々ストレスを感じずに生活をするというのは難しいかもしれませんが、ストレスを抱えてしまうと薄毛の原因になってしまうのです。

【食事】
髪の毛に必要な栄養よりも脂分・脂質・糖分を多く含む食事ばかりを食べていたら当然血行が悪くなりドロドロの血となり流れが悪くなり、栄養が行かないだけではなくて代謝も落ちてしまいます。

バランスの良い食事を摂ることが大切です。詳しくは食生活で驚くべき改善が見える!ハゲない為に摂るべき三大栄養素をご覧になってください。

【生活習慣】
睡眠不足、運動不足などは生活習慣の乱れも原因になりますし、寝不足で日々を過ごしてしまうと自律神経を乱してしまいます。

睡眠のゴールデンタイムと呼ばれている22時~2時にはベッドに入るようにしましょう。このときが最も栄養が体全体に行き渡りますのでその時間を起きているということは勿体無いことです。

社会人になれば運動不足になっている人も少なくなく血行が悪くなってしまいヘアサイクルの乱れの原因の1つにもなります。

運動することで血行が良くなるだけではなくて、ストレス解消にもつながります。

新陳代謝も活性化されます。

原因を突き止めることがまずは大事

自分にとって髪の毛が後退してきたなって思ったらやはり大切なのは何が原因で後退をしてしまったのかを突き止めることが大切です。

これはまずは専門の病院にいって診断をしてもらうことが一番です。

また1つの病院ではなくて出来ることならば2つ、セカンドオピニオンまでして貰いそれぞれ2人の違う病院の医者に見てもらって同じ答えが出るか確認をしましょう。

AGA治療を始めるにあたって大切なのは最初をしっかりと方向性を決めるということが大切なことなんです。

毛髪サイクルが乱れている原因によって、対処方法も変わってきます。

例えば、男性ホルモンが原因であれば、5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を止める必要があるので医薬品を使って抑制させるという方法があります。

ただ単純に偏った食事等で髪の毛に必要な栄養が不足しているという場合は食生活をバランスが良くてかつ、髪の毛にいいとされるものを積極的に摂りつつ、ストレスや新陳代謝を高める為に運動をしたりなどそれぞれ違いますよね。

クリニックでは原因に合わせ、その人に合った治療薬の処方が可能なのでまずはクリニック行って相談をするというのがいいでしょう。

AGAは完治しない!

残念ながらAGAが治ったという人がいますが、薬を継続的に服用しなくてはいけない場合が多く治ることはありません。

あくまでも現状維持、進行を遅らせるということしか出来ません。

だからこそ早いうちからAGA治療というのは非常に大事になってきます。もちろん髪の毛がヘアサイクルが正しくなれば髪の毛も太く逞しく抜け落ちにくくなりますし、髪の毛が生えてきたことでストレスが無くなってよりより流れとなるのは間違いありません。

とはいえAGA治療では完全に毛根が無い状態の場合では髪の毛は生えてきませんので特に生え際が気になるという人は早いうちからAGA治療をスタートさせることが唯一の対処法と言えるでしょう。

AGA治療は時間がかかる

AGAというのはヘアサイクルを正します。そのためには髪の毛を太く逞しく生えてきて抜けにくくするわけですので当然時間がかかります。

風邪などのように2・3日で体調が戻るというわけではなくて長い時間かかるのです。

どんなに早くても3ヶ月は継続的に治療を行わないといけませんし、人によって1年効果が現れないという人もいるのです。

きちんとしたAGAの対処をしているのにも関わらず全然効果がないから治療をやめてしまったという人も多いですが、最低3ヶ月、出来れば半年や1年間は継続してみるということが大切です。

AGA治療って何が凄いの?分からない人でも簡単に説明のまとめ

AGA(男性型脱毛症)には色々な理由がありますが、男性ホルモンのバランスの乱れによって薄毛になってしまう人が多いですが、人によって原因が違うのでまずはなぜ今薄毛なのかをしっかりと把握することが大切です。

原因が分かったらAGAはとにかく早いうちからスタートするのが大事であり、継続して長い時間をかける必要があります。

薄毛が気になる人はまずは病院に行くようにしましょう。

関連記事

  1. 何でハゲるの?ハゲる前から絶対にすべき7つの原因と対策

  2. プロペシアは危険!?特徴と副作用と発毛効果を徹底解説

  3. 注目の発毛成分!ミノキシジルの特徴と効果と副作用

  4. ハゲの進行を遅らせるための髪の洗い方とシャンプーの選び方

  5. 育毛・発毛で最強の使い方!プロペシアとミノキシジルの併用

  6. チャップアップは効果がない?副作用や効果など気になる部分を分析!

男の自信を取り戻す