視覚的に盛り上がる潮吹きの吹かせ方で大事なのは手の使い方

 

男性はAVなどを見てセクシー女優がものすごい潮吹きをしているのを見て実際に彼女や奥さんを潮吹きさせてみたいと思っている人もいるでしょう。

しかし、どのようにして潮吹きさせていいのか分からないという人もいると思います。

潮吹きは体質によって簡単に盛大に出る人もいますし、逆にどんなに頑張っても潮吹きさせることが出来ないと言う人もいます。

こればかりは体質によるところですので出来ないのであれば無理にさせてはいけません。

また潮吹きをさせるにはテクニックはもちろんのことお互いの信頼関係が無いと出来ません。

セクシー女優は演出としてみている男性側が興奮するかなって思って行っています。普段のセックスで潮吹きさせられるとなるとやはり恥じらいがありますし、ベッドをビチャビチャにして汚してしまうというものがあって女性も抵抗する人が多いです。

また潮吹きと言うのはおしっこに近いものとされていてオシッコを漏らすような感覚だと女性の多くが言います。

男性もオシッコをしていいよって言われても恥ずかしくて中々出来ないと思います。

そういった恥ずかしい部分も見せることが出来る信頼関係が無いと大体は照れて恥ずかしがったりします。

また潮吹きをするにしてもベッドや布団が汚れてしまうことに抵抗があるという人もいるので必ずベッドにタオルを敷いたりして潮吹きをしても汚れる心配をなくしてあげるようにしましょう。

潮吹きをするのも臭いが部屋にこもって臭いが残ることを気にする人もいます。

テクニックで無理やり潮吹きさせようとしても決して女性は潮吹きさせずにむしろ本気で嫌がる人もいますから最初は信頼関係をきちんと築き、そしてタオルなどのセッティングをするようにして初めて行うようにしましょう。

ただ潮吹きをした後と言うのは視覚的にものすごい男性も興奮しますからぜひ覚えておきたいテクニックです。

潮吹き=イクではない

潮吹きで女性から沢山出ることをイクと勘違いをしている人が居るかもしれませんが、厳密に言うと潮吹き=イクではないのです。

これはよく勘違いされています。

そのため潮吹きをすること自体が快楽を覚えるということではないのです。

未だに性科学でも潮吹きの原理と言うのは解明されていない人体の神秘の一つではあるのですが、成分を調べるとオシッコです。

というのは尿道から出るものですから当然オシッコに非常に近い成分であることは間違いないですよね。

膣内にある潮溜まりという場所に水分があり、ここを指などで刺激されることで尿意に似た感覚を覚えてそれを一気に体外へと放出することで非常にスッキリとした感覚になるのです。

また膣内をいじられているため気持ちいいという感覚も押し寄せてきます。

男性であればずっとオシッコを我慢していてさらにそこを刺激されてしまってそれでも我慢をし続けた挙句にオシッコをした開放感の気持ちよさのようなものです。

非常にスッキリして気持ちいいでしょう。

そしてスッキリした形でセックスをすることになるのです。そもそも女性のセックスの悩みとして性行為をしている最中に尿道を刺激されてしまいます。それによってセックスに集中出来ないと言う人も多いのです。

それが潮吹きをすることで潮溜まりに貯まっていた水分が無くなることでスッキリとした気持ちで性行為をする事が出来るという利点もありますし、女性も潮吹きをすることで恥ずかしいけれど潮吹きをすることでスッキリとした気持ちよさからオーガズムに達するという人もいます。

直接的に潮吹き=イクではないですが、かなり密接した関係であることは間違いありません。

潮吹きする前の準備

潮吹き云々の前に男性がすべきことは性行為をする前に必ず準備として爪を切るということは必ずしておきましょう。

女性の膣内をいじくる際に爪が伸びていたりしたら当然痛いですよね。

膣内と言うのは言ってしまえば口の中のようなものです。口の中に爪を立てたら痛いですよね。痛かったら気持ち良いという風に思えないのでやめて欲しいと思ってしまいます。

必ず爪を切って女性が爪をいじられて痛いという思いはさせないようにしましょう。それこそ爪を切ったら一度口の中に指を突っ込んで爪を立てて口の内側をいじってみましょう。

自分の口の中をいじってみて痛くないと思えたら大丈夫と言う判断基準を持つようにしましょう。

さらに先ほども言いましたがベッドのシーツや布団が汚れてしまうのを女性は嫌います。

結局掃除をするのは女性のほうが多いので汚れて洗うのが正直面倒と思ってしまうのでしっかりと前もって汚れないようにタオルを敷いておくようにしましょう。

また言葉で安心させてあげることも大事です。

『大丈夫!出すとスッキリするよ!』とか『恥ずかしがらないで』とか言えばM体質の女性だったら多少なりも気が紛れるし、身を任せようと思うはずです。

また潮吹きをした後に一杯出ちゃったねぇ~って言うとさらにM体質の女性には刺さると思います。

潮吹きの仕方

潮吹きを指せようと思ったら闇雲にいじれば良いというものではありません。

先ほども出た潮が溜まっている潮溜まりをいじくる必要がありますし、さらにはいつも以上に念入りに愛情表現をするようにしましょう。

キスを長く情熱的にしたり、大好きだよっていう言葉を伝えて燃え上がるようにしないといけません。

潮吹きはやはり男性を信頼をしているからこそ恥ずかしいことも出来るという女性がほとんどです。まずはこの人ならば全てをさらけ出せると思わせないといけないのです。

精神的にリラックスした状態にする事が大切なのでまずはイチャイチャするようにしましょう。

ですので潮吹きと言うのは本来付き合いたてのカップルよりも長く一緒に暮らしている夫婦のほうが潮吹きはしやすいのです。

そして精神的にリラックスした状態から徐々にボルテージを上げていくように愛撫をしていきましょう。

そのための念入りにキスをしたり、クリトリスなどを愛撫する必要があります。

愛撫をしていき膣内に指を突っ込んでまずは中指を一本挿入します。そして指を入れてL字型を作り、Gスポットを刺激しましょう。Gスポットは膣内のかなり手前にあります。

お腹側にあるざらざらした部分がGスポットにありますので最初はゆっくりと十分に膣内が濡れるように刺激をしていき口なども使って膣内を十分に濡らします。

そして徐々に濡れて来たら人差し指を入れて二本いれてみるようにしましょう。

動かし方としては手首と指は固定して動かさないようにしましょう。

ポイントがずれてしまったりします。固定をして動かすようにすることが大切です。

動画などで潮の吹かせ方なども今は見ることが出来るので参考にしてもいいと思います。

また人によってはどんなに頑張っても少ししか出ない人もいますし、大量に撒き散らすように出る人も居ます。こればかりは個人差がありますので出ない場合であれば諦めるようにしましょう。

沢山出るから気持ちいいとか全然でないから気持ち良くないというわけではないのでありません。

もし少しでも潮吹き量を増やしたいと思ったら潮溜まりに水分が多く溜まっていれば出やすいので水を大量に飲んでもらうのもいいかもしれません。

ただし、何度もいいますが、潮吹きをすること自体に女性は抵抗がある人が多いです。

最初は抵抗をする人もいますが、潮吹きを最初にさせる場合は抵抗をされても押し通すぐらいでやるようにしてみましょう。

それで相手が怒ったら二度としないようにしましょう。

関連記事

  1. 愛する人に気持ちいいと感じて欲しいと思ったら大事なのは雰囲気作り

  2. 女性を性欲の頂点オーガズムへと導くセックステクニック

  3. 男性が疎かにしがちなキスが女性にとって最も性的興奮を覚える部位

  4. マンネリHはつまらない!ソフトSMでいつもと違った刺激を

男の自信を取り戻す