育毛・発毛で最強の使い方!プロペシアとミノキシジルの併用

 

よくあるのがプロペシアとミノキシジルってどっちが育毛・発毛効果において上なのか!って考えてしまいますよね。

そもそもプロペシアとミノキシジルは髪の毛にとっての効果が違うのです。

言ってしまえばサッカーで言えば攻めのフォワードと守りのキーパーのような状況です。

攻めと守りのように違います。

しかし、よく勘違いをしているのがミノキシジルとプロペシアのどちらか一方しか使ってはいけないと考えている人が非常に多いですが、両方利用しても併用しても問題ないのです。

どちらも作用するものが違うので相乗効果となってより効果を発揮していきます。

ある意味ではプロペシアとミノキシジルの併用をする事が最強の使用方法と言ってもいいでしょう。

プロペシアとミノキシジルとの違い

プロペシアとミノキシジルは発毛・育毛を望む人にとってみれば救世主的な医薬品ですよね。

今まで様々な製品が誕生してきましたが、効果が認められた医薬品として発売されたのは非常に頼もしいわけです。これまでは効果が定かでなかったものが多く発売されていましたし、商品も多かったので何を手にとって選んでいいのかが分からなかったのです。

それがプロペシアとミノキシジルが発売されたことによってこれを選んで適切に対応すればいいだって思ったら望みがわいてきます。

使用する前にこの2つにはどんな違いがあるのかを把握しましょう。

プロペシアの特徴

世界で始めて医薬品として認められたプロペシアは有効成分フィナステリドが配合された服用するタイプであり、飲む育毛剤と言われていて注目が集まりました。

AGAを発症する原因となる男性ホルモンが変換されることでDTH(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制してくれます。

抑制することで薄毛の進行を遅らせてくれる役割をしてくれるので、薄毛を守ってくれるゴールキーパーのようなものですよね。

ただし、気をつけなくてはいけないのは副作用として男性不妊や性欲減衰、肝臓への負担、精子濃度の減少などが挙げられます。妊活をしているという人にはプロペシアはオススメできません。

また妊婦や乳幼児がいた場合、薬を手に取ることすらいけません。皮膚から成分が入ってしまいホルモンバランスを崩してしまいます。特に胎児は影響しやすいので気をつけましょう。

乳幼児や妊婦がいる家庭では使わないようにしましょう。

ミノキシジルの特徴

ミノキシジルは血行を促進させる効果があり、髪の毛にしっかりと栄養素が行きやすいようにしてくれる役割を果たしてくれます。

髪の毛というのは非常に小さい血管、毛細血管から栄養が運ばれていきますが、十分な血行が行き渡らなければきちんと成長しないで弱い髪の毛になってしまいます。

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、成長期・退行期・休止期というものがあります。

・成長期・・・髪が成長する期間は2年から6年
・退行期・・・成長が鈍くなる期間(約2週間)
・休止期・・・抜け落ちるのを待つ休止期(3~4ヶ月)

このリズムが正常に行われているのであれば髪の毛はきちんとした成長を遂げているのですが、成長期にしっかりと栄養が行き渡らないとすぐに休止期を迎えてしまいます。

本来もっと成長するはずの髪の毛が途中で成長を止めてしまえば当然ヘアサイクルが短くなっていき十分成長しないまま生え変わりそのうち弱って生えなくなってしまうのです。

このヘアサイクルを改善させてくれて発毛を促進させてくれるのがミノキシジルの効果です。

ミノキシジル配合で有名なリアップを販売している大正製薬では臨床データの結果およそ98%の人に少なからず効果が出ています。

また日本ではまだ販売されていませんが、内服するタイプ、通称:ミノタブがありますが、内服薬のほうが効果が出やすいと言われています。

どんどん健康的に積極的に髪の毛が生えるように助けてくれるフォワードのような役割ですね。

ミノキシジルの副作用には、頭皮のかぶれや火照り、倦怠感、かゆみ、フケなどが出ると言われています。

併用しても大丈夫?

先ほども言いましたが、プロペシアとミノキシジルは全く役割が違っています。フォワードとゴールキーパーの違いですよね。

髪の毛が生えるという目的の元異なる作用で働いているので併用をしても問題はありません。

併用する上での注意点

髪の毛を育毛・発毛してくれて薄毛を改善してくれる上で併用をするのは今の医療では最強の組み合わせと言ってもいいですが、注意点として副作用が両方出るということになります。

特にプロペシアの場合は副作用が強いので注意してください。

また髪の毛というのは効果が出るまでに非常に時間がかかりますからそういった中々効果が現れないというジレンマと辛い副作用が出るということで嫌になってしまい利用するのを止めてしまうという人も少なくありません。

また金銭的に負担もかかるというデメリットもあるということを考えなくてはいけません。

併用したほうが効果は現れやすいですが、そもそも効果が現れるのに時間がかかるということも踏まえてそれでも併用をしたいというのであれば併用するようにしましょう。

ただし、結局無理をしてストレスになってしまえばそのストレス自体が薄毛になってしまう要因にも考えれますので無理のない程度、副作用がそこまで出なくて辛くないという人が併用するのが望ましいと思います。

自分が薬と合っているかどうかや長く気長に出来るかどうかを踏まえて判断しましょう。

ジェネリック医薬品を使おう

先ほど挙げたデメリットの1つに経済的負担がかかるという点がありましたが、ジェネリック医薬品を使うようにしましょう。ジェネリック医薬品ならば通常の商品よりも安く購入できます。

日本ではジェネリック医薬品は販売されていませんが、海外ではジェネリック医薬品が販売されています。

購入しようと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用するのが最も簡単ですので活用するようにしましょう。

もちろんジェネリック医薬品ですのでプロペシアやミノキシジルと同等の効果があると認められている医薬品ですので安心です。

 

 

関連記事

  1. 何でハゲるの?ハゲる前から絶対にすべき7つの原因と対策

  2. ハゲの進行を遅らせるための髪の洗い方とシャンプーの選び方

  3. チャップアップは効果がない?副作用や効果など気になる部分を分析!

  4. 食生活で驚くべき改善が見える!ハゲない為に摂るべき三大栄養素

  5. プロペシアは危険!?特徴と副作用と発毛効果を徹底解説

  6. 注目の発毛成分!ミノキシジルの特徴と効果と副作用

男の自信を取り戻す