肌のくすみの原因は糖化が原因だった

 

年齢とともに肌のハリや質感がなんとなく落ちてくる。透明感が段々失われて、くすみが目立つようになってきます。

やはり第一印象で、たるみなや肌のくすみはかなりの大敵です。

くすみは、シミやシワと並んで老化現象の大きなサインといってもいいでしょう。

実は、これも糖化と大きな関係があることが最近の研究からわかってきています。

肌のたるみと糖化の因果関係を大手化粧品メーカーが挙って発表した

いまから10年前の2008年、世界的な化粧品会社のエスティローダーが肌のたるみと糖化現象の因果関係があることを発表。

さらに2009年には、肌のくすみと糖化の関係についても日本を代表する化粧品メーカーのポーラが研究結果を発表しています。

とくに、黄色っぽくくすむ黄くすみはまさに糖化そのもの。

紫外線を浴びた肌の表面にメラニン色素がたまって真皮の細胞の糖化が進むことだと考えられています。

パンやお肉がこんがりと茶色く焼き色がつくことから分かるように、AGEは茶褐色。糖化が進むと肌もそんな色になるのはそのためです。

これは、年齢が上がるほど真皮のAGEの蓄積量が増えることがわかっています。

つまり、おそろしいことですが、糖化や糖化が引き起こすAGEは対策をしないと、年齢とともに肌はたるみ、黄色っぽくくすむということが証明された形となりました。

効果なホワイトニングは意味がない?!

糖化と糖化が引き起こすAGEが肌のくすみやたるみの原因だとすると、根本的な対策をしないとドンドンと老化は進行していきます。

これは、外からいくら効果なホワイトニングやコスメを使用しても、糖化そのものの進行や蓄積を食い止めなければ意味がないともいえます。

とにかく、糖化そのものを何らかの対策をこうじなければ肌のくすみやたるみなどの老化現象は止めることが出来ません。

逆に言えば、糖化現象の対策をして進行を食い止めれば、老化の進行は格段に変わっています。

高齢者にはどうしても、シミが次第に目立って来てしまいます。

これは、まさに糖化が局所的に進行してAGEが溜まってしまった状態。

真皮だけではなくて、表層にも多くのAGEがたまることがわかっています。

しかし、これは実は大きなチャンスでもあるのです。

表層の正しいケアをすれば、肌のエイジングケアは確かなものになる!

一般的には老化物質といわれるAGEは真皮などに溜まりやすいと言われています。

さらに、最新の研究では真皮だけでなくて、皮膚表面にもAGEがが多くたまることがわかっています。

これは、裏を返せば、皮膚の表面のケアを正しく行えば、かなりの肌のエイジングを食い止める事ができると考えられています。

肌は、40日から50日で入れ替わると言われています。

つまり、表層のケアを正しく行えば、肌のエイジングは食い止めるのです。

では、どんな肌のケアをすれば良いのかをご紹介します。

肌のケアってどうしたらいい?答え→AGEの対策コスメを買おう!

早速、糖化が引き起こすAGEが肌の大敵なのはもはや美容界の常識になっています。

そこで、どのようなケアをしていけば良いのかをご紹介していきます。

AGEによる肌のくすみはスキンケアでもある程度改善できる事がわかっています。
肌のケアはどうしたら良い?

ずはり結論から述べちゃいますね。

肌の汚れや古い皮脂を完全に落として抗AGEコスメでのケアを続けてる。

現在、ネットでは様々な抗AGEのコスメがあるので色々貯めして見てくださいね!

では、AGEに有効とされている商品を上げるので是非参考にしてくださいね。

抗AGE対策に有効とされている成分

抗AGEに有効とされている成分

ブルーベリー
イチョウの葉
セイヨウオオバコ種子
ブラックティーファーメント
カラギーナン
マロニエ
ドクダミ
セイヨウサンザシ
カルノシン
カテキン
ビタミンC
ピリドキサミンリン酸

では、最後にしてはいけないケア方法もあるので是非、知っておいてくださいね!

美肌の大敵があった!エステのアレがケアにはよくないい?!

さて、お肌のケアといえば、実はやってはいけないケア方法があります。

それは肌を絶対にこすってはいけないということ。

肌をごりごりこするということはよくないとされています。

つまりエステのマッサージや施術はやり方次第では、むしろシワを増やしてしまうとも言われています。

とくに、弾力がなくなった肌にゴリゴリとマッサージをしてしまうと、肌にいいことはありません。

固くなった肌におりじわを付けるような行為になるので気をつけてくださいね。

食後のかるい運動でも糖化は抑えられる

さて、最後に糖化対策として、実は食後のかるいウォーキングなどの対策が有効とされています。

食後、糖質を摂取すると15分くらいで血糖値が上昇します。

このタイミングでウォーキングをすることによって身体の筋肉の中に取り込んだ血糖をエネルギーとして消費してくれます。

ちなみに外でのウォーキング以外にも足踏みでもOKです。

室内ならばテレビをみながらステッパーを利用するだけにも効果的です。
いずれにしても、食べ終わったらすぐに軽い運動をこころかげることが大切です。

関連記事

  1. 乾燥肌の方にオススメのシワ解消法

  2. 【24時間・身体を冷やさない!】ダイエットや美肌など身体の中からキレになる!

  3. シミやシワ・たるみなど老化は糖化が引き起こすAGEが原因だった

  4. 老けない秘訣は一日一食?!多くの芸能人が実践する少食が最大のアンチエイジングだった?!

男の自信を取り戻す