筋トレ中の食事って何を食べればいいの?最大の効果を最大限に引き出す

 

せっかく筋トレをするんだから効率よく鍛えたい!と思ったら食事改善をする必要があります。

とはいえ食事改善に関して言えばいきなり最初から食事改善をするのはおすすめしません。なぜならば最初は慣れない運動で筋肉痛で辛かったり、疲れが溜まってしまうからです。

最初の筋トレしたてというのはやはり辛いものがあります。最初はまずは運動に慣れていくことを優先したほうがいいです。

運動に慣れてきてもっと体を絞りたいと思うようになって初めて食事メニューを徐々に変えていくのが一番オススメできる方法です。

最初から辛い食事制限をしながら筋肉痛に耐えるというのは中々辛いものがあると思いますので是非ともしっかりと筋トレを優先して食事改善をしていくようにしましょう。

また急な食事制限をしてしまったりすると体臭が変わったり、ストレスになってしまいます。

筋トレだけでも人によってはストレスに感じる人もいるのですからあまり無理せずに長期的に改善をしていくのがいいと思います。

それを踏まえた上でここでは筋トレに最適なメニューを紹介していきます。

ただ仕事で忙しいとか料理は全然作れないという男性も多いですよね。自分の奥さんにも自分だけ特別な筋トレメニューを作って欲しいなんて絶対にいえない!絶対にだ!!っていう家庭もあると思います。

ここでは手軽にコンビ二で入手できる食品を中心に紹介していきます。

最も大事なのはたんぱく質

筋肉を作る上で最も大事なのはたんぱく質です。筋肉だけではなくて骨や血液など体を作る基と言ってもいいでしょう。

たんぱく質が減ると筋肉がつきづらくなるだけではなくて体力の低下や免疫力の低下、貧血、子供の場合は成長障害などになる可能性もあります。

筋肉を作る上でどれくらい摂ればいいのかというと大体自分の体重×1.5g~2g程度は摂ったほうがいいと言われています。

体重50kgの人であれば1日65g~100gを摂るようにしましょう。

特に筋トレ後に沢山摂るように心がけるようにしましょう。筋トレをした後というのは筋肉がたんぱく質が欲しているので筋トレ後に集中して多めに摂るようにしましょう。

コンビニで買えるたんぱく質豊富なメニュー

・サラダチキン
・焼き鳥(タレより塩)
・ゆで卵
・スモークチキン
・プロセスチーズ
・魚の缶詰
・するめ
・豆乳
・いか炙り焼
・ロ−ス生ハム
・ブランパン

スポーツにおけるエネルギーの源となる炭水化物

どんなに優れた車でもガソリンがないと動きませんよね。(電気自動車は動きまぁ~す!とかは無し)

体も同じで車のガソリンとも言えるのが炭水化物ですので運動をする前に多少は食べるようにしましょう。

運動をする2時間前におにぎり一個とかうどん3/4玉ぐらいの量を食べるようにしたほうがいいわけです。

炭水化物を摂らないまま運動をしてしまうと筋肉を分解してエネルギー源として使われてしまうのでせっかく鍛えた筋肉が無くなっていってしまいますので少しでもいいので炭水化物は摂っておくようにしましょう。

筋トレや体を絞るとなったらついつい炭水化物を敬遠しがちですが、全く摂らないという選択肢ではなくてゆっくりと少量を良く噛んで食べるということをしましょう。

炭水化物は食べ過ぎれば太るかもしれませんが、食べなさ過ぎるのも危険なんです。

炭水化物に関してはお米やパン、麺等から手軽にいつでも取れますね。

良質な脂質は体を循環させる

脂質ってまさにデブのもとじゃん!って思うかもしれませんが、最新の研究では脂質自体に体に悪影響を与えるものではないということが分かっています。

脂質と糖質が合わさって過剰に摂ってしまうと体に蓄積されて悪影響を与えるのです。全く摂らないというのはボディビルダーぐらいだと思います。

不足すると肌が乾燥したり便が固くなって排出されなくなったりして摂らないのも体に悪影響を与えてしまいます。

コンビニで買える脂質メニュー

・アーモンド
・さばの塩焼
・ほっけの塩焼

体の調子を整えるミネラルやビタミン

ミネラルといえば主に野菜ですよね。

人の体の中で作ることが出来ない栄養素が多かったり、作られても少量のものしかないわけです。

野菜に多く含まれているので積極的に摂っていきましょう。

ただし、野菜を満遍なく摂るというのも大変ですし、野菜などは季節によって手に入れることが難しい食材もあります。

様々な種類を満遍なく摂るというのは金銭的負担も大きいのでサプリメントなどを代用しましょう。

サプリメントは効果がないという人もいますが、全く摂らないよりは効果があると言われているので積極的に摂っていきましょう。

サプリメントであれば手ごろですし、料金も1食あたりに換算するとかなり安いので使いやすいといえます。

大事なのは食事量を調整する

今太っている人が痩せようと思ったらやはり極端に食事量を減らそうとする人が多いです。

断食をする!1日1食とかに制限をかける人が居ますが、そういった「0」か「100」で捉えてしまう人が多いです。そしてそういった考え方をしてしまうと失敗をしてしまう人が多いです。

普段から食べすぎな人はまずは食事量を減らすようにしましょう。男性であれば1日に摂取すべきカロリーは1800Kcalぐらいと言われているのでまずは1800kcal以内に抑えつつバランスのいい食事を摂るようにしましょう。

昔は炭水化物が6、たんぱく質が3、ビタミン&ミネラルが1と言われていましたが、今は違います。

今はたんぱく質が6、炭水化物が3、ビタミン&ミネラルが1が良いとされています。

極端なことをして1ヶ月頑張ってリバウンドするよりも徐々に減らすようにしていきましょう。

関連記事

  1. 効率的に痩せるためのトレーニング

  2. 腹筋を効果的に短期間で鍛えてかっこよく作りあげる方法

  3. 男が筋トレをする効果が凄い!絶対すべき筋トレで得られる8つのメリット

  4. 男の象徴!上腕筋トレーニング

  5. 大胸筋を鍛えて厚い胸板を手に入れるための方法

  6. 太くて逞しい男らしい腕周りの筋肉をつけるためのトレーニング方法

男の自信を取り戻す