筋トレに必要不可欠?それとも太る?最適なプロティンの摂り方

 

筋トレをしていると誰もがプロテインを摂った方がいいのかどうか迷いますよね。

ボディビルダーは皆必ずといって良いほど飲んでいますし、プロテインだけではなくてサプリメントも常飲しています。

それもものすごい量のサプリメントを飲んでいますよね。

もちろん本格的にボディビルダーを目指しているわけではないという人もいるのでサプリメントを大量に摂る必要はないです。

サプリメントも1錠あたりの金額はたいしたことがないですけれど大量に買えば毎月それなりの値段になってしまいます。

サプリメントは本格的にもっと鍛えたい!追い込みたいと思った時に買えば良いです。

ただし、プロテインに関しては言えば結論から言えば購入したほうが良いです。

プロティンというのは筋肉に必要な栄養素をまとめて手軽に摂ることが出来るように改良されて販売されているのです。

出なければボディビルダーが好んで摂取はしないですよね。よくプロテインは飲んでも無駄!とかむしろプロテインを飲むと太るからやめておきなという人もいますので迷っている人もいるかもしれませんが、まずはキチンとプロテインに関する知識を得るようにしましょう。

またプロテインは太る!というのは間違いです。

プロテインは必須アミノ酸を含むタンパク質、ビタミン、ミネラルなど栄養バランスがとてもバランスよく配合されたものです。

高カロリーだと思っている人が多いですが、低カロリー・低脂肪・高たんぱくの三つが揃っていながら飲むだけで補給できるのです。

低カロリーだからと言って大量に摂取したり、また他にご飯を沢山食べてそれに合わせてプロテインを摂取してしまえばエネルギーの過剰摂取となってしまいますが、1日1食であれば何の問題もありません。

ですのでダイエット目的や体を絞る目的でプロテインを摂取しようとするのであれば1食をプロテインに置き換えるようにしましょう。

普段から沢山炭水化物や高カロリーのものを摂っている人は摂らないでいいです。

プロテインを飲むタイミング

プロテインは1日1食が望ましいでしょう。だからこそ飲むタイミングに迷ってしまう人がいると思いますが、プロテインを飲むタイミングは目的に応じて摂取するタイミングが変わってきます。

筋力アップや栄養バランスの改善、ウエイトアップなどさまざまな用途で使われています。

筋肉量のアップの場合

日々の運動やトレーニングによって体の筋繊維は傷つきます。

筋肉痛になるのは筋肉が傷んでいるからです。

この傷ついた筋繊維を治すために栄養が血中から入って治してくれるのです。そして筋肉は治ったら前に傷ついた時よりも強く太くなろうとします。

筋肉を治すためにはタンパク質が必要不可欠であり、たんぱく質が不足した体は時間の経過とともに筋肉をどんどん分解して、エネルギーへの変換を促してしまいます。

せっかくトレーニングをしたのにも関わらず、筋肉が分解されてしまっては意味がないですよね。

そのため運動後30分以内は筋肉の回復のゴールデンタイムです。

この時間帯は体が傷ついた筋組織を修復するべく栄養素を必要として、吸収が高まります。吸収が高まるということはそれだけ多くの筋肉が作られることになるわけです。

筋肉をアップすることで代謝がアップしますので脂肪燃焼をして体を絞りたいという人も筋トレや運動後の30分以内が望ましいでしょう。

筋肉は脂肪よりも重いので最初は太ったと感じるかもしれませんが、筋肉量をアップさせて絞ることでスリムになっていきます。

ウエイトアップの場合

体を絞るだけではなくて大きく太くなりたくても中々体質的に大きくなれないという人もいると思います。

とはいえただ太くなれば言いというわけではないですよね。あくまでも筋肉を増やしつつ摂るのがベストなわけです。

ウエイトアップをする場合のプロテインの摂り方について紹介します。ウエイトアップを図るのであれば食後や補助として摂取するようにしましょう。

たんぱく質は自分の体重をグラムに置き換えた分摂るのがいいとされています。

体重50kgの人であれば1日50g摂るのが望ましいです。

しかし、毎回たんぱく質を大量に摂取するのが難しいという場合もあります。

プロテインの場合は1食あたり、20g~25gほど含まれているので食事の後に1杯飲んだり、寝る前に飲んだりするのが良いでしょう。

プロテインの飲み方

昔と比べると格段とおいしいプロテインが誕生しました。昔は薬みたいであり、さらに口の中にまとわりついてくる感じでしたが、今はジュースよりも甘く出来ています。

それこそボディビルダーが体を絞る時期になると1日の唯一のご褒美がプロテインというぐらいに甘く飲みやすいです。

そんなプロテインの飲み方は定番は水です。

今は溶けやすくシェーカーなどに混ぜればダマにもなりづらいです。

他には牛乳や豆乳とプロテインは味の相性も良いので、水で溶かすよりも飲みやすくおいしいと感じる人も多いです。

また吸収スピードも水と比べるとゆっくりなので減量中には夜食をプロテイン + 牛乳or豆乳の1食置き換えを行っている人もいます。

特に寝る前にプロテインを飲んでいるという人は牛乳や豆乳などの消化吸収がゆっくりなのでおすすめです。

色々なフレーバーがある

プロテインには味も豊富ですし、ガゼイン・ホエイ・ソイプロテインなど色々な種類が販売されています。

特に味に関しては出しているメーカーによっては数十種類出ているところも珍しくありません。

味によって栄養素が変わるということもないので安心して利用できます。

プロテインの摂り方まとめ

プロテインの飲むタイミングはあくまでも目安です。30分以内にプロテインを飲まなければ筋肉量がアップしない!というわけではありません。

突き詰めていくと飲むべきベストタイミングを多少意識するぐらいで良いです。

研究によっては寝る前に飲んだほうが成長ホルモンの分泌を補助してくれるから寝る前に飲んだほうが良いとか、朝起きたときに飲んだほうが絶対にいい!というところもあります。

捉え方によってまちまちであることには変わりありません。

そこまで神経質にならないでおいしいご褒美ぐらいに飲んでおいて1日1食飲んでとりあえず飲むことが日常化するようにしましょう。

また出来ることならば決まった時間帯や筋トレ後だったら筋トレ後に飲んだり寝る前に飲むんだったら寝る前にと毎回同じシーンで飲むように心がけましょう。

関連記事

  1. 腹筋を効果的に短期間で鍛えてかっこよく作りあげる方法

  2. 大胸筋を鍛えて厚い胸板を手に入れるための方法

  3. 筋トレや運動を妨げる筋肉痛の予防と和らげる方法

  4. 1週間で必ず-7kgを達成する方法

  5. 筋トレは週に何回行えばいいの?超回復って嘘??

  6. 男の象徴!上腕筋トレーニング

男の自信を取り戻す