第二世代のED治療薬レビトラの特徴

 

夢にまでみた薬といわれたバイアグラの次に誕生したのがこのレビトラです。先進医療国としても有名なドイツの有名会社バイエル社から発売されるということでも話題になりました。

2004年にドイツから発売されて日本でもすぐに厚生労働省から認可が下りて病院でも処方されるようになりました。

バイアグラの次に発売されたことから第2世代のED治療薬とも言われています。

レビトラはラテン語とフランス語を組み合わせた言葉で「男の生命」という意味でつけられました。円いオレンジ色の形をしていて中身は白い薬剤となっています。

レビトラの有効成分バルデナフィルはバイアグラの主成分であるシルデナフィルと非常に似た構造と作用機序となっており、陰茎海綿体に血流を集めてPDE-5という酵素の働きを抑える目的があります。

服用方法や副作用についてもバイアグラと一緒と考えてもらっていいでしょう。

そんなレビトラとバイアグラとの明確な違いというのはやはりレビトラの持つ即効性が非常に魅力と言えます。

レビトラの有効成分バルデナフィルは水溶性であり、非常に溶けやすい性質を持っています。

そのためバイアグラとは違いすぐに効果を実感することが出来るのが特徴です。

レビトラは空腹時の状態で服用すれば最短15分から効果を発揮すると言われています。

またバイアグラは空腹時でしか効果がありませんが、レビトラの場合は700kcal以内で脂質が30%未満であれば服用しても効果を発揮すると言われています。

そのため全くの空腹時の状態ではなくて脂質の低くカロリーの低いちょっとした軽食ならば食べても問題ありません。

ただし、空腹時の方が薬の効果をより実感する事が出来ます。

レビトラはバイアグラと同様に三つの規格から販売されており、有効成分バルデナフィルの含有量によって【5mg錠、10mg錠、20mg錠】で分けられて販売されていますが、5mg錠に関して言えば有効成分のバルデナフィルが含まれて居ないので病院でもあまり処方されません。

大体、最初に10mg錠を渡されてそこで効果がもし現れなかったら20mg錠を渡されます。

日本人の体型であれば正しい服用さえすれば10mg錠でも十分効果が発揮されます。

そのため20mg錠は副作用が強く出る可能性もあるため病院では滅多に処方されることはありません。

また10mg錠を服用して効果がなかった場合はもう1錠10mg錠を服用しても10mg+10mg=20mg錠にあたるので服用して問題はありませんが、20mg錠を連続して服用することは危険ですのでやめましょう。

20mg錠を購入しピルカッターなどで半分にしてカットをすれば通常の10mg錠を購入するよりもかなり安く購入できるのでオススメです。

レビトラの効果と作用時間

レビトラは先ほどもいいましたが、即効性が魅力です。

空腹時では15分から効果を発揮しますので例えば付き合いたてでいつ性行為をするのか分からないという状況もあるでしょう。

場合によっては急にホテルに行くことになりベッドインする可能性だって無くはありません。

そんな時でもレビトラの場合だったら最短15分から効果を発揮するので先に女性をお風呂に入らせている間にレビトラを服用して自分もシャワーで体を洗えば十分効果を発揮するわけです。

レビトラの場合は咄嗟の時でも対処をしてくれるという点が非常に優れています。

また作用時間も十分にあります。

レビトラ10mg錠で6時間~8時間。
レビトラ20mg錠で8時間~10時間。

とあるため付き合いたての場合は一度だけでは物足りないという時もあると思いますが、10時間もの間作用するので十分できると思います。

非常に使い勝手がいいので多くの人から支持されており、バックや財布などに1錠は携帯しておくという人も多いです。

レビトラの副作用

レビトラもバイアグラとほとんど同じ作用機序となっているのでバイアグラと同じような副作用が報告されています。

レビトラを服用した人のうちおよそ9割は顔が赤く火照ったり、目が充血したりします。

焦らずにレビトラが効いて来た合図だと判断したほうがいいと思います。

他には頭痛や動悸、めまい、鼻づまりや光に過敏になったりするという報告もあります。

頭痛はアルコールを飲みすぎてしまった二日酔いのような症状が現れます。

その頭痛が人によってはかなり症状となって現れるので性行為が楽しめないという人もいます。その場合はロキソニンなどの鎮痛剤と併用して服用することが可能です。

ロキソニンは服用してから15分で効果が現れるので頭痛などを抑えて性行為をする事が出来ます。ただし、ロキソニンは空腹時に服用すると胃が荒れたりするので胃薬と併用して服用しても大丈夫です。

レビトラジェネリックについて

日本ではレビトラのジェネリック医薬品は処方されていません。それは製造特許の関係でまだ特許が切れていないので販売されていないのですが、ジェネリック大国と呼ばれているインドでは製造と販売がされていました。

しかし、今現在では製造されていたものの在庫分のみが販売することが出来るようになっていてこの在庫は残りわずかとなっています。

手に入れたいと思ったら医薬品を個人輸入するようにしましょう。

医薬品を個人輸入でまとめて購入すればレビトラの10分の1の価格で購入することも可能です。

ただし、在庫がかなりなくなっていて小さいところだと品切れになっているので購入するのであればお早めに購入することをオススメします。

関連記事

  1. ED治療薬は副作用が出る薬!しっかりと副作用について理解しよう

  2. 最新のED治療薬ステンドラジェネリックのアバナの特徴と効果は

  3. 39歳独身男性・・勃たない男がたった数分で自信を取り戻すまでのまでの1000日闘争記

  4. 妊活中にED治療薬を使った際の胎児や妊娠への影響は?

  5. ED治療薬を用途によって使い分け!それぞれの特徴を比較しよう

  6. 絶対にED治療薬と併用してはいけない禁忌薬

男の自信を取り戻す