歯周病予防から生まれた正しい歯磨きの仕方で口臭対策の第一歩

 

毎日必ず行う歯磨き!

歯磨きをしないと口がかゆくなったり、口の中がニチャニチャしているのでどうしても不快感がぬぐえないですよね。

そういった意味で歯磨きは毎日しているのは当たり前です。

ついつい飲みすぎてしまって深夜遅くに帰ってしまって歯磨きをするのを忘れてしまったりする時もあるかもしれませんが、毎日の歯磨きはとても重要です。

しかし、ただなんとなく歯ブラシを使ってゴシゴシ磨いているという人は正しい歯磨きをしていません。

口臭ケアの第一歩としてまずは正しい歯磨きの仕方を学ぶことが大切ですよね。

特に子供がいる人なんかは正しい歯ブラシケアをしてあげないとアゴが出てシャクれてしまったり、噛みあわせが悪くなって集中力がなくなってしまったりすることも研究データでは出ています。

また子供だけではなくて大人でも正しい歯磨きをしていないと将来固いものが食べれなくなってしまったり歯周病になって歯がぼろぼろになってしまったりします。

歯が抜けると老けたりする要因の一つとも言われています。

虫歯などがあり隣の歯にまで影響を与えてしまうと連鎖反応で取り返しのつかないことになるのです。

大昔のでは虫歯や歯みがきを怠ったことで死亡原因となったというケースもあるほどとても歯磨きと言うのはとても大事なものなんです。

改めて正しい歯磨きの仕方を覚えて日頃からケアをしていくようにしましょう。

歯ブラシの選び方

まずは大事なのは歯ブラシの選び方です。人によって硬いのがいいとか細いのがいいとか好みがありますし、色々と販売されていますが、大人の場合は基本的に歯周ポケットに貯まっている歯垢を取り出せるようにしないといけないので毛先の細い歯ブラシを使うようにしましょう。

歯の磨き方

一番大切な歯の磨き方ですが、一番大切なのは力は要らないという点です。

ゴシゴシ磨くのはすっきりした気持ちになりますし、汚れが落ちたようになりますが、それだと歯を保護するエナメル質まで取ってしまい、傷がついてしまいます。

歯ブラシの硬さによって歯が傷ついてしまってそこから菌や食べかすなどが付着してしまい汚れる原因になってしまいます。

ですので力はいらないので優しく洗うということを心がけるようにしましょう。

力の入る持ち方をしてしまいがちですが、あくまで持っているだけにして力を入れないように磨きましょう。

親指と人差し指でオッケーマークを作ってその2本の指だけで持つようにするぐらいの力加減で良いのです。

全然力が入らないから磨いた気にならないという人もいますが、それだけ力は要りませんし、一つ一つの歯を丁寧に磨くことが大事です。

歯は磨くな!歯茎を磨け

先ほど一本一本丁寧に歯を磨きましょうと伝えましたが、極論歯は磨かなくても良いのです。大事なのは歯ではなくて歯茎を磨くことが大切です。

詳しく説明をしますが、どうしても人は歯の表面を磨いてしまいますよね。しかし、歯の表面と言うのは普段から意識して磨いていますし、唾液などで食べ物と一緒に口へと運ばれているので歯の表面と言うのは磨く必要が無いぐらいなのです。

極端な話綺麗なところを磨いているだけですから意味が無いのです。汚れているところを磨かなくてはいけません。

では口の中でどこが汚れているのかと言うと歯と歯茎の間の歯周ポケットが汚れているのです。隙間に入り込むので簡単には取れませんし、歯の表面を磨いているだけでは汚れは落ちません。

だからこそ歯茎を磨くことで歯周ポケットを中心に磨くことができるようになるのです。

歯を一本一本優しく歯茎と歯の間を狙うようにしましょう。

歯の裏側を磨き忘れない

歯の表面は笑顔を見せるときに綺麗かどうかを判断されるのでものすごい気にして磨いていますが、歯の裏側をおろそかにしている人が多いです。

歯の裏側と言うのは歯の表面よりも食べ物が表面につきやすいですし、普段そこまで意識して磨いていないという人が非常に多いのでかなり汚れています。

特にワインやコーヒーを飲んでいたり、タバコを吸っているという人は裏側を一度確認するようにしてみましょう。

かなり黒ずんで居たりします。

みんなに見れる表面側だけ綺麗で裏側が汚いとなったら当然歯茎のバランスが崩れてしまっては並びも悪くなるのは間違いないですよね。

葉の表面よりも裏側を意識して洗うようにしましょう。

歯の表面と言うのは思ってる以上に汚れてはいないものです。

歯磨きだけでは足りない

歯磨きしかしてこなかった人はさらに歯のケアをするのは面倒とかそこまでしていられないといいますが、歯磨きだけでは全然足りていません。

昔や食べ物も固いものが多かったのでよく噛んで唾液などを十分に出していたのでそれによって口の中も結果的に唾液が沢山出ていたので汚れも少なかったのですが、今は柔らかいものが多いのでどうしても唾液が十分に出ていないまま飲み込んでしまったりすることで歯周ポケットに入ってしまったりしてしまいます。

歯磨きだけでは全体の半分から7割程度しか汚れを取ることが出来ないと言われています。

そのため歯間ブラシを使うようにしましょう。

歯科医なども歯ブラシよりも歯間ブラシのほうを重要視して欲しいという人もいるぐらい重要です。歯と歯ぐきの間に詰まったものや歯と歯の間に詰まったものなどを除去してくれます。

歯間ブラシと歯ブラシの両方を使うことで口の中も清潔になり、さらに口臭予防になります。

歯周病は臭い

歯周病になってしまうといくら磨いてもすぐに臭いが口の中にこもってしまい悪臭となってしまいます。そうなると口臭によって相手が不快な思いをさせたくないという思いから人と話すのが苦手になってしまったり、口を開くのが億劫になってしまって表情も固まってしまいがちになります。

そうすると対人コミュニケーションも出来なくなってしまいます。

素敵な歯、健康的な歯で居ることは健康もそうですが、何よりも人と会話をする上でもとても大事ですよね。

海外では健康的な歯!綺麗な歯でいるのは当たり前です。そして日本でも徐々にその傾向になってきています。

歯が汚い人は不潔と感じる人も非常に多いです。ヤニ汚れで歯が黄色くなってしまっている人に対してはちょっと抵抗を覚える人もいるでしょう。

今は歯のデンタルケア用品が沢山発売されていますが、まずは基本の歯みがきと歯間ブラシを上手に使うようにしましょう。

関連記事

  1. もしかして口が臭い?口臭が気になる人向けの予防と治す方法

  2. もしかして歯周病と思ったら確認をしておきたい11のサイン

男の自信を取り戻す