早漏改善で有名なスタートストップ法(セマンズ法)は危険なので絶対にダメ!

 

早漏改善で有名なスタートストップ法というものに一度は早漏改善サイトで見たことがあると思いますが、非常に危険ですので注意してください。

これは別名セマンズ博士から名前をとってセマンズ法という名前でも知られています。

やり方というのは実にシンプルでイキそうになったら手を止める⇔我慢して収まってきたら再び自慰を再開するというものです。

これによって射精コントロールが出来るというものが広まりました。

早漏改善対策としては最もオーソドックスなやり方であり、有名なやり方です。

試したことがあるという人も少なくないでしょう。

しかし、このスタートストップ法というものですが、効果が改善されたという明確な結果は出ていません。

よくスタートストップ法で早漏が改善されたという報告をしている口コミサイトなどがありますが、あまり信用できません。

実際にこれで早漏が多少は改善されたという人もいると思いますが、その本質的にはこのスタートストップ法で我慢をする事が出来たことによって自信がついて精子店的なプレッシャーがなくなったことで早漏が改善されたというケースだと思います。

早漏というのは精神的な要因で早漏になることもあるのです。

そもそもこのスタートストップ法ですが、1956年、今から半世紀も前に開発されたものであり、半世紀も前といえば携帯すら誕生していない時期でした。

そのため色々と誤った情報として広まってしまった今日にまで至っているのではないかと思います。

むしろスタートストップ法を試して無理やり射精を我慢すれば精液が逆流してしまうことにもなります。

決してオススメできるものではないのです。

スクイーズ法に早漏改善効果あり

スタートストップ法がダメだったら他にどんなトレーニングをすればいいのか?というものですが、スクイーズ法は効果が高い治療法だといわれています。

海外の性研究によるとスクイーズ法は90%以上の方に効果があったと言われているやり方であり、スクイーズ法は、1970年にアメリカの性科学者マスターズ&ジョンソン夫妻によって提唱されたものです。

ただし、即効性があるわけではなくて治療期間は3ヶ月から半年ほどかかると言われていてさらにパートナーとなる女性の協力も不可欠です。

1人でもやろうと思えば出来なくもないですが、イク直前において的確に自分のペニスをぎゅっと握り締めるのは意外と難しいものです。

またスクイーズ法も精液が膀胱へ逆流する恐れがある可能性もあるということは忘れないで下さい。

個人的にはオススメは出来ません。最悪の場合、射精障害の可能性もあります。

射出される精液量が極端に少なくなったとか、性行為後の尿が濁っているなどがあったらすぐにトレーニングをやめて専門の医者に相談をするようにしましょう。

必ずスクイーズ法をするのであれば射精をしてトレーニングを終えるようにしてください。

正しいスクイーズ法


膣へペニスを挿入した直前と直後に射精感が高まるものという考えから、膣へペニスを挿入後、速やかにペニスを膣から抜きパートナーが亀頭を指により数秒間圧迫します。

射精感がおさまったら再び挿入して亀頭を圧迫、これを繰り返します。

そして、最終的には必ず射精をします。

ジョンソン夫妻は射精のコントロールを容易にする体位として側仰位が良いと提唱しているので行いましょう。側仰位は上の画像のように横向きの状態から女性を前にして後ろから挿入するやり方です。

パートナーが居ないという人でも出来るやり方も紹介します。

1人で出来るスクイーズ法

一人でも効果的にトレーニングを行うポイント

・射精を我慢できる握り方で抑える

・リラックスして行い決して無理はしない

・TENGAやローションを使用する

・長期的な期間がかかるので何度失敗をしてもいいという心構えで気楽に行う

以上のことを踏まえて行いましょう。

まず最初に自分だけで行うという時はやはり自慰行為と性行為では精神的にも状況も違いますよね。早漏で悩んでいる男性の多くは性行為時に中々射精コントロールが出来なくて悩んでいるという人が多いです。

自慰行為の場合はそこまで苦労しないという人でも性行為だと気持ちが盛り上がってしまって抑えることが出来ないということになるのでまずは性行為、実践に近い形で行うことが大切なので、ローションやTENGAなどのオナホールを用意しましょう。

次に行うのは握り方です。

スクイーズというのは「握る」という意味があります。射精を我慢してペニスを握るトレーニングでもあります。

握り方は亀頭の裏側の付け根部分です。指先で圧迫するように握ります。

射精感が完全に抑まるまで30秒を目安に我慢します。

刺激と指圧を交互に大体15分間ほど自慰行為を続けます。どうしてもスクイーズ法ではなくてスタートストップ法のように力で握って押さえつけようとしますが、尿道を圧迫するように射精感を抑えるようにしましょう。

スクイーズ法は長い期間を用意します。3ヶ月から半年です。

どうしても中々効果が出ないことでモチベーションが下がったりして不安になりがちですが、そこまで根つめて行わずに少しでも延びたらいいなぁ~ぐらいに思いましょう。

元々1人でする場合というのは快楽を我慢するというのは難しく多くの人が失敗をしてしまうものですので失敗して当たり前と思いながら行いましょう。

早漏改善で有名なスタートストップ法(セマンズ法)は危険なので絶対にダメ!のまとめ

スタートストップ法(セマンズ法)とスクイーズ法はやり方が似ているのでよく一緒にされてしまいがちですが、スタートストップ法は効果がないと言われていますので一緒に考えないようにしましょう。

また基本的にはパートナーがいることで効果を発揮するもので、1人では難易度がグッと高くなってしまいますし、ついついスタートストップ法を行ってしまいがちです。

決して無理をしないようにして気楽に長くやっていきましょう。

今は早漏改善の医薬品も海外では販売されているのでまずは薬を服用することで早漏改善されるという安心感を持ち精神的な部分で早漏改善へと進むようにしましょう。

関連記事

  1. 早漏改善で最も効果が現れるのが医薬品の早漏防止薬を服用すること

  2. 何秒から早漏?早漏の要因は2つある

  3. 早漏を克服したいのであればPC筋とBC筋を鍛えよう

男の自信を取り戻す