待望の赤ちゃん!生まれて来るまでに用意すること

 

ようやく待ちに待った赤ちゃんとご対面!で感動のまさに頂点と言えるでしょう。

男性は自分の子供を産んでくれた愛すべき女性に本当に感謝の気持ちを伝えなくてはいけないと思います。

そしてただ喜ぶだけではなくてこれからは家族が増えていきます。想像以上の子育ての大変さが出てきて時には子供に対してイライラしてしまったりすることや喧嘩をしてしまうことも珍しくはないでしょう。

しかし、まずは何よりも子供が生まれてきた喜びと言うのをかみ締めましょう。

ただし、子供が出来たら本当に慌しくなります。

そして何も準備をしていなかったらその慌しさでストレスとなってしまいます。

後になってあれも必要だった!これも必要だった!逆にこれは必要なかったな!っていうことにならないように本当に必要なものだけを用意しておきましょう。

すぐに使うもの

赤ちゃんが生まれたその日から使うものと言うのがあります。

とはいえ何をどう用意をしていいのかなんて分からないということはほとんどないと思います。大体は必要なものというのは病院などで事前とリストアップしているものをプリントして渡してくれます。

ポイントとしてあげたいのが子供を産んだ新米ママは1ヶ月は身動きが出来ません。トイレに行くのもやったの状態です。

ここで無理をすると母体に悪影響を与えてしまいますし、臨月の状態で購入をしようとしても難しいので気をつけましょう。

おすすめなのが通販です。

必要なものをまとめてセット売りをしてくれているので特に迷う必要もありません。

乳幼児は1年で倍ぐらいに成長をするのでそこまで高いものを用意しなくても大丈夫です。

ベビー肌着&ウエア

赤ちゃんが着る物を用意をしておきましょう。

毎日買い換えるものですし、赤ちゃんは母乳やミルクをこぼしてしまいがちですので頻繁に着替えをするために5~6枚は最低用意をしておきましょう。

足りないと感じたらちょっと多めに買って7枚ぐらいは持っておいてもいいと思います。

ベビーウエアに関してはとにかく1ヶ月ですくすくと成長をしていきますので大きくなったらその度に購入をしていきますのでツーウェイオールを2~3枚用意しておけば良いと思います。

おむつグッズ

紙おむつやお尻拭きというのはビックリするぐらいに使います。

1ヶ月に大体5千円~7千円弱はかかると思ってください。こんなにオムツ交換をしないといけないの?って思ってしまいます。

特に最初のほうは赤ちゃんが蒸れやすいのでしっかりと拭いてあげなくてはいけません。

特にうんちなどが出た場合はしっかりと拭かないといけないとかぶれてしまうので丁寧に拭き取るようにしましょう。

産院で使っている紙おむつと同じメーカーのものを使いたいとか言う人もいますよね。

その時は出産後に購入をしてもいいと思います。

想像以上にこんなに使うんだ!ってビックリして財布の中身を気にしてしまうこともあるかもしれませんが、そこは赤ちゃんのためを思って十二分に用意をしておきましょう。

授乳グッズ

○哺乳瓶
○粉ミルク
○哺乳瓶消毒アイテム
○ガーゼ

私は絶対に完全母乳で育てたい!母乳で育てないと健康な子供には育たないと考えて完全母乳を目指す女性も多いですが、絶対に無理をしないで下さい。

授乳をするときは赤ちゃんが歯を立てたり、強く吸われたりして痛みが伴い、時には乳首が傷ついてしまう事も多々あります。

お酒だって飲みたいだろうし、時には赤ちゃんから解放されて1人ででかけたくなるから休みの日は旦那に任せたいと思うときもありますよね。

現実的に完全母乳を達成をした女性のほうが珍しいわけですから根つめすぎずに粉ミルクや哺乳瓶を用意をしておきましょう。

特に忘れてしまいがちなのが消毒アイテムです。

セットで売っているものもありますので購入をしておきましょう。

母乳とミルクを上手に使うことが大事なので必ず用意をして置いてください。

お風呂グッズ

○ベビーバス
○湯温計
○ベビーソープまたは沐浴剤

ベビーバスは赤ちゃんがおぼれないように、まだしっかりと首が据わっていない状態で行いますので絶対に用意して置きたいものです。

また湯温計は設定温度がしっかりと調整できるものであれば必要ないですが、設定できないのであればしっかりと用意をしましょう。

生後1ヶ月目に関しては洗い落とさなくても大丈夫なものを用意をして赤ちゃんに負担がかからないようにしましょう。

大人と同じボディソープなどは使わないようにしてください。

赤ちゃんケア用品

○保湿剤(ベビーオイル・ベビーパウダー・ベビーローション)
○ベビー用爪切り
○ベビー綿棒

赤ちゃんの肌は意外と乾燥してしまいがちです。お風呂上りなどはベビーオイルを使ってあげるようにしましょう。

また赤ちゃんは爪が伸びていようとお構い無しに顔を爪でこすったりするために、自分の爪で傷つけてしまいます。

赤ちゃん用の小さな爪切りがあるので用意しておきましょう。

ベビー綿棒に関してもおへその消毒に使います。生まれたての赤ちゃんはきちんとへその緒がふさがっていないためたまに血が滲んでしまったりしますので軽くふき取ってあげましょう。

抱っこする側の負担を軽減する

○抱っこ紐
○ベビーカー

抱っこ紐やベビーカーは赤ちゃんにもそうですが、抱っこをする側にもとても大事なものです。特に母親が育児の中心となりますが、悩まされるのが腰痛です。

時にはヘルニアになってしまうという母親もいるので、必ず用意をしておきましょう。

状況に応じて必要なもの

チャイルドシート

車を乗っているという人は必ずチャイルドシートをつけなくてはいけませんので必ず用意をしましょう。チャイルドシートをつけていなければ乗せる事はできません。

気をつけましょう。

あれば便利なもの

○ベビーベッド
○寝具
○搾乳器

ベビーベッドや寝具などは家にあるものを用意をすればいいと考えている家庭も多いと思います。

確かにベビーベッドなどは家庭で他に小さい子がいるとか犬を飼っているとかならば必要ですが、必ず用意をしなくても大丈夫です。

ただし、気をつけて欲しいのが布団が柔らかいものの場合赤ちゃんがうつぶせになってしまった場合窒息する可能性があります。

赤ちゃんが寝るときだけは深く体が沈みこんでしまうものではなくて低反発のシーツを出来れば用意しておくようにしましょう。

部屋の広さや環境によっても購入するかどうかは別れると思います。

お母さんによっては母乳で出すぎてしまっておっぱいがパンパンに張って辛いという人もいます。

搾乳器を使うことによって乳腺炎になったりしますので容易を辛い人は用意をしましょう。

予算によって揃える

金銭的な事情から十分に用意をする事が出来ないというご家庭も居るかもしれません。

しかし、用意をしておかないと大変な思いをしてしまいますし、赤ちゃんにも負担がかかってしまいます。

今はレンタルやインターネットで譲ったりする人もいるので用意をしましょう。

また今は通販で何でも購入できます。

定期購入をすることで安く済ませることも出来ますので上手にやりくりをしていきましょう。

関連記事

  1. 妊活している夫婦が気になる不妊治療の費用やリスクについて

  2. 妊活は女性だけがするものじゃない!一緒に学ぶ男性の妊活

  3. 知らなきゃ損!出産の費用や助成金について

  4. 妊活においてやはり大切なのは妊娠しやすい体作りをすること

  5. 妊娠初期の過ごし方とは?流産のリスクや生活上の注意点

  6. 子供が欲しいと思ったらまずは知らなければいけない妊活の基本

男の自信を取り戻す