妊活は女性だけがするものじゃない!一緒に学ぶ男性の妊活

 

本日の人気記事
〈PR〉

妊活は女性がするもの!って思っている男性が非常に多い!自分は関係ないと思っている男が多いですが、女性だけが苦労するものではないということです。

むしろここ最近は男性による不妊も多いということが分かっています。

子供が出来ないのを女性だけのせいにしてしまいがちですが、そうではなくて男性もしっかりと妊活に取り組む姿勢が大事ですし、男性のほうに原因があります。

何よりも妊活と言うのは夫婦で行うものです。夫婦で協力し合わないと成り立たないものです。

男性も自分が原因かも?と言う風に考えましょう。もちろん何の問題もなくタイミングの問題で中々子供に恵まれないという人もいます。

まずは男性不妊の原因について知りましょう。

スポンサーリンク

男性の不妊の9割は造精機能障害

男性不妊の原因と呼ばれているものには大きく先天性と後天性に分けられます。

先天性の原因と言うのは遺伝的要因によるもので主に性的欲求や性的興奮や最高潮などが、減退・欠如する状態を指します。

具体的に言うと勃起不全などによる性行為が行えない状態のことや、早漏、遅漏によるものです。

後天性の男性不妊の原因は、ストレスや疲れ、アルコール、喫煙、肥満による糖尿病、精巣の損傷、もしくは機能障害、病気や薬の影響、射精トラブルが原因です。

様々な種類がありますが、その中で男性不妊の原因9割を占めるのが造成機能障害です。精子を作り出す機能自体に問題が生じてしまって精子をうまく作れない状態のことを言います。

射精で一度に出てくる精子の量は数億もありますが、そのうちの99%が死滅して子宮には数十万以下となって卵子の周囲に着くまでは数百以下まで減ってしまうのです。

そもそも精子の数が少なかったり、運動が弱いとどうしても卵管に到達するまで精子が減ってしまうので妊娠しなくなってしまうのです。

また造精機能障害にも下記の種類が存在します。

無精子症 造精機能障害の中で特に重い症状であり、精液中に精子が一匹もいない状態です。ただし、精巣や精巣上体に精子が存在していれば、顕微授精などの不妊治療で受精・妊娠することは可能です。
乏精子症 精液の中に精子はいるがその数が少ないという症状です。精子の数が基準を少し下回る程度であれば、タイミング法などを行います。さらに精子の数が少ない場合、人工授精、体外受精、顕微授精等の不妊治療を行います。
精子無力症 精子の数は正常にあるけれど、製造された精子の運動率が悪い症状です。その精子の状態により人工授精や顕微授精などの不妊治療を行います。

精子の数というのは妊娠をする確率が増えるわけですからある程度の数は必要になってきます。そんな中で無精子症と診断されたら男性としては非常にショックを受けると思います。

そんな中で顕微授精というのは男性にとって非常に大きな意味を持ちます。

精子が1匹でも得ることが出来れば受精卵に送ることが出来ます。精子が1匹でもいれば妊娠をする事が可能です。10年前までは諦めるしかなかったものが現代科学ではクリアすることが可能なんです。
コチラも読まれています⇒『おっさんの証拠の加齢臭は元から断たなきゃダメ!体臭の原因と改善方法』

男性が妊活ですべきこと

男性も気をつけないと精子の活動が弱まってしまうので妊活中は気をつけることを紹介します。

○長時間座り続ける
長時間座りすぎたりするのはEDの原因になったり、精子の数が減るだけではなくて運動までも鈍くなってしまいます。

冬場になるとコタツや電気毛布に頼りがちになりますが適度に控えることが大切です。

○下半身を圧迫させる
股関節周りや下半身を圧迫させ続けてしまうと血行が悪くなってしまい体に十分な栄養が行き渡らなくなってしまい、精巣機能に影響を与えてしまう危険性があります。

自転車やバイクでの長時間の通勤だったり、仕事中もずっと座りっぱなしの状況は控えましょう。

○運動不足
男性は運動不足になると男性ホルモンの生成が鈍くなったり、乱れてしまいます。肥満予防のためにも適度な運動は必要です。

最初は軽めのウォーキングやエスカレーターを使わないで階段を使って歩くことから始めましょう。

○禁欲しない
間違った認識をしている人が多く、溜め込みすぎないで適度に放出したほうが良いのです。よく排卵日にあわせて量を増やす為に禁欲をすると言う人がいますが、それは間違いです。

新鮮な精子は運動率が高いですが、禁欲期間が長くなり溜め込んでしまうと劣化して運動率が鈍くなってしまいますので適度な放出は必要です。
コチラも読まれています⇒『ED治療薬を用途によって使い分け!それぞれの特徴を比較しよう』

楽しい妊活をしようと心がける

妊活で最もいけないのがストレスを溜め込んでしまうことです。妊活をするのであれば明るく楽しく行うことが大切です。子供が出来ない不安からマイナス思考になってしまいがちですが、言動だったり、自分が出来る行動だけはしておかないといけません。

男性よりも女性のほうがプレッシャーが大きいので夫婦で協力して盛上げていくしかないのです。

一番してはいけないのが男性はないがしろにしてしまうことです。

女性は周りから色々な言葉を浴びせられて精神的に参ってしまっています。

そんな状態の女性をケアしないで放って置くようなことはしてはいけません。一番の理解者であり、ストレスのはけ口でなければいけないのですから男性はしっかりと健全な体であるという証明と、常に精子が活発で元気に動き回れる状況を作ってあげなくてはいけないのです。

関連記事

  1. 妊娠中や妊活中に摂るべき栄養素とNGの食材について

  2. 子供が欲しいと思ったらまずは知らなければいけない妊活の基本

  3. 妊活している夫婦が気になる不妊治療の費用やリスクについて

  4. 待望の赤ちゃん!生まれて来るまでに用意すること

  5. 妊娠初期の過ごし方とは?流産のリスクや生活上の注意点

  6. 妊活においてやはり大切なのは妊娠しやすい体作りをすること

男の自信を取り戻す