女性を性欲の頂点オーガズムへと導くセックステクニック

 

男性と女性ではセックスへの考え方が微妙に違います。

男性はセックスを快楽と見ますが、女性は安心感や愛の証拠として捉える人が多いです。

実は男性よりも女性の性への快楽度で言ったら男性よりもはるかに快楽指数というのは強いらしいです。

そして女性のいわゆる“イク”というのがオーガズムであり、イった時の快楽は男性とは比べ物にならないほど気持ちいいとさえ言われています。

しかし、残念ながら女性の多くはオーガズムを達することが出来ないままセックスを終えているのです。

オーガズムを味わうことも無く生涯を終えてしまうという人も珍しくないのです。

男性からしてみれば愛する女性にしっかりとイクということを覚えて欲しいと思いますし、せっかく男性とは比べ物にならないほど気持ちいいのであれば味わったほうがお得ジャン!って思いますよね。

せっかく気持ちよくなれるのであれば気持ちよくなって欲しいと思っているのであれば女性をオーガズムへと誘う方法を紹介していきます。

そもそもなんで女性はイクことが出来ないの?

そもそもの話ですが、なぜ女性は簡単にイクことが出来ないの?って思いますよね。男性の場合は射精をするということがイクと言うことになり、それがセックスにおけるゴールであると思います。

女性はその時点で男性が射精を迎えたら終了となります。女性の場合は男性が射精をするということで満足をするのであればそれで良いと考えている人がほとんどであり、そもそも女性は別にわざわざオーガズムを感じなくてもいいと思っている人が多いのです。

なぜオーガズムに達しなくていいのかというとやはり恥ずかしいとかふしだらな女だと思われたくないということです。特にまだまだ日本ではセックスに対して恥じらいが強かったり、貞操観念が強くでセックスに対してあまり開放的でない人が多いことが挙げられます。

イキそうになったら嫌だとか罪悪感が出てしまってついついバリアを張ってしまっている人も多いのです。

イクのが怖いということで抵抗をする女性もいるほどですからいかにほとんどの人がオーガズムを経験したことがないかが分かると思います。

まずはテクニック云々言う前にその心のバリアとも呼べるものを無くす必要があります。

またいきなりオーガズムを感じるということも女性は出来ません。性感帯が開発されていない人が多く気持ちよさがいまいち良く分からないという人もいますよね。

男性だったら中学校あたりから自慰行為に目覚めます。

最初は気持ちいいかどうかもよくわからなかったですよね。それが徐々に自慰行為をする行為が増えていってそれが気持ち良いと認識するようになったわけです。

同じように女性も徐々に開発をしていくものですし、いきなりハードなことをすると気持ちよくは無くむしろ痛みなどに変わっていくものですので絶対に無理にしようとはせずにゆっくりと時間をかけて行うようにしましょう。

部位ごとにオーガズムがある

オーガズムといっても色々な部位によって変わってきますので是非ともそれぞれの部位にオーガズムがあるということを知りましょう。また人によってオーガズムを感じやすい場所は違います。

全ての部位でオーガズムを感じさせようとするのは難しいですが、どれか一つでも出来るようにしていきましょう。

クリトリスへの刺激

男性もやはりオーガズムでイかせようと思ったらまず思いつくのがクリトリスですし、やはり一番敏感でありオーガズムへと誘いやすい部位でもあります。

男性でいうところのペニスです。

男性の性器であるペニスは泌尿器の役割もになっていますが、クリトリスに関しては性的興奮を得るためだけに特化した部位です。

ですから女性も敏感に反応しやすい場所ではりますが、よく男性がやってしまいがちなのが力強く刺激をすれば気持ち良いと勘違いしてしまうことです。

例えばマッサージをする時に目一杯力をこめれば気持ちいいものではないですよね。

痛くて耐えられないものでしょう。

また女性がペニスへと愛撫をしてくれる際に歯を当てられたりすれば気持ちよくは無くて痛いと思ってしまいます。

女性に対しても優しく反応を見ながら低刺激を心がけるようにしましょう。またクリトリスの包皮をスライドさせて剥いた形で愛撫をする場合は絶対に優しく愛撫をしてください。

刺激がダイレクトに伝わります。

また唾液をしっかりとつけて愛撫をするようにしましょう。

Gスポットへの刺激

有名なGスポットですが、どこにあるのか分からないという人も多いです。Gスポットを膣内の奥側にあると勘違いをしている人もいますが、膣の手前側にあります。

個人差がありますので一概にここだ!とはいえませんが、大体中指を膣内に根元まで挿入して、そこから第二関節を曲げたお腹側にあるザラザラした部位にあると言われています。

ある程度セックスに慣れてきてクリトリスへの刺激でオーガズムを感じるようになった中級者ぐらいが気持ちよく感じる部分です。

またGスポットをいじくられると潮溜まりを刺激されて尿意を刺激されてオシッコが出ちゃう感覚になります。セックスが終わったらトイレに行く女性が多いですが、挿入されて尿意を刺激されるためです。

この俗言う潮吹きのことですがお漏らしをする感覚になるのでベッドを汚しちゃうとか恥ずかしいという思いから抵抗をしますが、その抵抗を抑えてさらに刺激をすることで潮吹きへと至ります。

しかし、潮吹きをすることで我慢しているものを全て出し切ったスッキリとした感覚になるので気持ち良いという女性が居ます。

ただし、潮吹きによって布団がぬれてしまうということになるので事前にタオルを敷いてから行うことで女性も気にしないで性行為をする事が出来ますので用意を忘れずに行うようにしましょう。

ポルチオへの刺激

ポルチオ性感帯というのを聞いたことぐらいはあると言う人も多いでしょう。女性を気持ちよくさせたいと思ったらどうすべきかで必ず出てくるのがポルチオ性感帯です。

ポルチオという場所は指を動かしてもギリギリ届くかどうかの場所にあり基本的に挿入をしないと届かない膣の奥側にあります。

子宮に近いコリコリとした固い場所であり、ポルチオは最初は刺激が強すぎて気持ちいいわけではなくてむしろ痛みに感じてしまう場所です。

最初はソフトに無理に突っ込むのではなくてソフトな刺激を与えるようにしましょう。慣れて来たらグリグリと押し込むようにすると深い快楽を与えることが出来るようになります。

ポルチオオーガズムは長い期間をかけて開発をしていくことで徐々に痛みではなくて気持ちよさに変わってきます。

マルチオーガズム

マルチオーガズムというのは連続でイクことを指します。男性は射精をすると一気に性欲が無くなり性的興奮も欲求も収まりますよね。

しかし、このマルチオーガズムと言うのは女性にしかないもので連続でイクことが出来るのです。

マルチオーガズムへといたることが出来るようになるにはセックスに集中して身も心もお互いを信頼できる関係性がないと成り立ちません。夫婦間でも恥じらいはあるものですからその恥じらいをなくして本能の赴くままに出来るようにすることです。

手順としては先に紹介したクリトリスへの刺激、そしてGスポットへの刺激、最後にポルチオへの刺激へと移行していくのが望ましいでしょう。

これが出来るようになれば男性としては十分なテクニックがあると言っていいでしょう。自分にはテクニックがあると思っていいでしょう。

オーガズムへ達する時の特徴

よくあるのが男性は女性がイクって言っているときもどのタイミングでやめればいいのか分からないという人も多いですよね。

女性はオーガズムへと達しそうになったら『ダメ!やめて』とか『ストップ』みたいな言い方をして言うとおりにやめたら何でやめてしまったの?ってなってしまいます。

タイミングが分からないという人の為にオーガズムへと達するときの女性の兆候を把握しておきましょう。

1:膣奥が広がったりキュッとしまったりと動き出します。

2:膣口や肛門がギューと締め付けてキツくなります。

3:この締め付ける時に女性が一番気持ちいいところを刺激するとすぐにいくので何度もセックスをして自分の手で見極めていきましょう。

4:体全体がビクッと跳ねるような動きをした後にふっと力が抜けてその後に体がビクビクする

1~4の兆候が見れたらイク寸前だったりイッタ後の状況といっていいので止めるようにしましょう。

人によってイクまで時間帯だったり気持ちいい部分も違っていくので見極めていきましょう。

関連記事

  1. マンネリHはつまらない!ソフトSMでいつもと違った刺激を

  2. 視覚的に盛り上がる潮吹きの吹かせ方で大事なのは手の使い方

  3. 男性が疎かにしがちなキスが女性にとって最も性的興奮を覚える部位

  4. 愛する人に気持ちいいと感じて欲しいと思ったら大事なのは雰囲気作り

男の自信を取り戻す