夢にまで見た最初のED治療薬バイアグラについて

 

ここ最近、きちんと勃起しないし性行為の途中でも中折れしてしまって最後まで出来ないことが結構続いていてまさか自分はEDなんじゃないか?って思っている人もいるでしょう。

EDだと自覚をした時に始めて思い当たる節が次々と出てくると思います。

しかし、自分がEDだと自覚をしたとしても嘆くことはありません。昔と違って今はED治療薬が誕生しているからです。

その代表的なものといえばやはりバイアグラですよね。

バイアグラといえば発売前から遂に医学的に効果が認められた医薬品としての勃起治療薬が誕生するということで非常に話題になっていました。

バイアグラが発売された時にはそれまで勃起不全で性行為を諦めていた人がバイアグラを服用することで勃起が改善されるということもあってまさに「夢にまでみた薬」と称されるほど多くの人が待ち望んでいました。

1998年にアメリカのファイザー社から発売されたバイアグラですが、日本ではまだ未承認でした。

それこそ世界中で一気に話題となって多くの人がこのバイアグラを求めていました。日本で手に入れるためには個人輸入するしか方法がなくて業者を頼ったり、直接買い付けに行って購入する人までいたのです。

しかし、当時はインターネットもまだまだ普及し始めた段階で正しい知識などが一般の人に浸透しておらず間違った服用方法だったり、効き目をもっと実感したいということで過剰に摂取してしまい、副作用に苦しんだり、貧血で倒れたり、中には心肺停止に至る人までいました。

これを重くみた薬の認可をする厚労省は異例のスピードで認可をして翌年の1999年には日本でも販売されるようになりました。

それだけ多くの人がバイアグラを求めており、沢山の人を救ってきたのです。

もちろん未だにバイアグラじゃなければダメだという人も多いです。

バイアグラは偶然開発された!?

バイアグラが誕生する話で有名な話ですが、もともとはED治療薬として開発されたわけではなかったのです。

当初は狭心症の薬として開発が進んでいましたが、思った以上に効果が現れずについに開発の中止が決定しました。

被験者たちに薬を返してもらおうとしましたが、被験者が返したがらずに渋っていたので詳しく話を聞くと臨床試験の過程で男性器の勃起を促進されて今まで勃起不全だった人が改善されたという意見が出て、詳しく調べると効果が認められてED治療薬として開発が進み販売されていったのです。

偶然の副産物としてバイアグラは誕生したのです。

バイアグラの効果と作用

バイアグラは有効成分「シルデナフィル」を含み、その含有量によって3つの規格に分けられています。

【25mg錠、50mg錠、100mg錠】の3つです。日本の病院では【25mg、50mg】の2つまでしか処方されません。

その理由は色々な憶測が飛び交っています。当時異例のスピードで認可が下りましたが、やはり100mg錠というのは含有量が多かったため副作用も強く出てしまいます。

当時は誤った服用をする人が続出した為に問題が起こらないようにする為に100mg錠はあえて出さなかったのではないかと言われています。

今ではバイアグラの知名度は誰もが知っているほどに知れ渡っていますが、やはり未だにバイアグラ100mg錠に関しては処方されませんし、日本のジェネリック医薬品においても出されていません。

バイアグラ100mg錠を使いたいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを活用するようにしましょう。

男性器が勃起をするということは陰茎海綿体に血液が集まって勃起へと至ります。この時に重要な働きをするのが「環状グアノシン一リン酸」です。

環状グアノシン一リン酸は性的興奮や性的欲求などから男性器を刺激されることで脳から形成されて、海綿体の筋肉を弛緩させる効果があります。

これにより、海綿体に血液が流れ込むようになるのです。しかし、環状グアノシン一リン酸の働きを抑えて阻害する働きをする「5-ホスホジエステラーゼ(PDE5)」と呼ばれるものがあり、勃起を抑えようとします。

しかし、バイアグラに含まれる主成分「シルデナフィルはこの5-ホスホジエステラーゼの働きを阻害させる効果があるのです。

これによって勃起を長くサポートさせる効果もあるのです。
コチラも読まれています⇒『早漏を克服したいのであれば○○と〇〇を鍛えよう!』

バイアグラの効果時間と持続時間

バイアグラは服用してから大体1時間ぐらいから効果が現れると言われていて空腹時の状態で早い人ならば30分ごろから効果が現れます。

その後に徐々に効果は減衰していき4時間程度でピーク時の半分ぐらいになると言われています。

そのため効果が作用時間は4時間~5時間ありますが、飲み始めてから1時間ぐらいに性行為をするのがベストです。

バイアグラは臨床試験で約8割の人に効果が出たと認められて販売されていて、非常に沢山の方が薬の効果を実感をしています。

ですので無理に効果をより実感しようと思って大量に服用したりするようなことはせずに正しい服用方法さえしておけば効果となって現れます。

バイアグラの正しい服用方法

バイアグラを服用する際に気をつけて欲しいのがバイアグラは非常に食事の影響を受けやすいということです。

基本的に空腹時で服用しないと効果を発揮しません。

軽食を取ってしまった場合は2時間以上はバイアグラを服用するのは避けるということ、また中華料理などの油分が多い料理を取ってしまった場合は胃の中に脂が留まっていて薬の効果が得づらくなっているので最低でも6時間以上は空けるようにしないといけません。

バイアグラを使うと思ったら基本的には軽食で済ませて脂質の少ないものを取るようにする、もしくは性行為をしてから食事をするという風に決めてもいいと思います。

また飲み物も牛乳などは胃の中に膜を張ってしまいますので乳製品などと一緒に飲まないようにだけしましょう。

これはED治療薬全般にも同じことが言えます。

さらにアルコールなどと一緒に飲んでもED治療薬は効果を発揮しますが、血行がよくなるのでいつもよりも酔いやすくなるという点も注意してください。

バイアグラの副作用

バイアグラは医薬品であり、ドラッグストアなどでは購入できませんよね。

つまりきちんとした説明を受けて服用しないと副作用に苦しんだり、重篤な危険なことになるかもしれない危険性があるからです。

バイアグラは特に副作用が出やすい薬です。

主な副作用としてはめまい・目の充血・顔の紅潮・頭痛・色覚異常・動悸などが挙げられます。

目の充血や顔の紅潮などはアルコールを飲んで顔が火照った様に近い感覚になり、およそ9割の人に見られると云われているので、薬が効いてきた合図だと思っていいでしょう。

また副作用は徐々に収まってきますが、作用時間を過ぎても長引くようであればED治療専門の医者に相談をするようにしましょう。

夢にまで見た薬バイアグラ

バイアグラというのは誕生してから世界中で多くのED治療薬に悩んでいる人を救ってきた薬です。

そして未だに多くの人が利用しています。レビトラやシアリスなどの新しい薬が誕生していますが、薬は個人差が大きく人によって合う合わないがあります。

やっぱりバイアグラじゃないとダメだという人も多いですから病院でも処方されることはまだまだあります。

ジェネリック医薬品なども色々な種類が出ているので試してみましょう。

関連記事

  1. ED治療薬は副作用が出る薬!しっかりと副作用について理解しよう

  2. 妊活中にED治療薬を使った際の胎児や妊娠への影響は?

  3. 39歳独身男性・・勃たない男がたった数分で自信を取り戻すまでのまでの1000日闘争記

  4. ED治療薬を女性が飲んだらどうなる?女性用バイアグラってあるの?

  5. 勃起不全の最後の砦ICI療法とは

  6. 最大36時間もの持続作用時間が特徴のシアリス

男の自信を取り戻す