勃起不全の最後の砦ICI療法とは

 

ED治療薬は非常に多くの勃起不全に悩む男性だけではなくてそのパートナーとなる女性をも救った夢の薬です。

夫婦間で性行為が出来ないことによってコミュニケーションが薄れてしまったりするので夫婦の間もギスギスしてしまいますし、欲求不満となることで色々と険悪なムードになってしまうのです。

ED治療薬が出来たことで男性だけではなくて女性も救われたのです。

またED治療薬は被験者の8割の人に効果がもたらされたということで非常に多くの人が効果を実感したことでしょう。

しかし、残念ながら全ての人に効果が出るというわけではありません。

8割の人に効果を実感することが出来たとしても残りの2割の人が効果を得られなかったということでもあるわけです。

10人中2人は効果が得られなかったということですのでもうあとの2人に関しては性行為をすることを諦めるしかないのか?ということですが、それは違います。

ある意味勃起不全の最後の砦として徐々に日本でも有名になってきているのがICI療法と呼ばれるものがあります。

このICI療法はED治療薬が効かない人でもかなりの確率で効果を発揮するといわれており、実にICI療法の被験者の97%が効果を実感したといわれています。

そんなICI療法は副作用もほとんどないということでED治療薬の副作用が辛いという人にとっても利用されています。

ICI療法がどういったものかを説明していきます。
コチラも読まれています⇒『早漏を克服したいのであれば○○と〇〇を鍛えよう!』

ICI治療は直接注射する治療法

ICI治療は陰茎海綿体注射と呼ばれるもので、血管作動薬を陰茎海綿体に直接注射する治療法です。

これは1978年に塩酸イソクスプリンを海綿体に注入されると勃起が誘発されるということが分かってから改良されてきてICI療法専門の医者が配合された薬剤を直接注入することで勃起を誘発します。

注入してから約10分、早い人になれば5分ほどから勃起がスタートします。

性的興奮の必要なくても半強制的に勃起へと至ります。

直接陰茎に注射を指すなんて痛そうと思うかもしれませんが、髪の毛先ほどの大きさしかない注射針ですので痛みは少なくちょっとだけチクッとするぐらいです。

最初は専門の医者に注射してもらいますが、効果があると分かれば医師の指導の下自分自身で注射をすることになります。

効果が続く時間は2~3時間程度と呼ばれているので性行為をするのには十分な時間と言えるでしょう。

ICI療法は最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくれば性行為の直前に注射をするだけでいいですし、食事の制限もなく即効性もあるので非常に使いやすいやり方と言えるでしょう。

治療費が高い

ICI療法は使い慣れればED治療薬よりも使い勝手がいい部分もありますが、なぜあまり使用する人がいないのかというとそれはICI療法の治療費が高いという点がネックになっているからです。

1回の治療に約10,000円ほどかかります。バイアグラの場合は1錠あたりが1,500円ですし、ジェネリック医薬品でまとめて購入すれば値段も10分の1程度で購入できるパターンもあります。

1回の性行為ごとに10,000円もかかってしまうというのは金銭的負担も大きいですよね。

また注射を携帯しなければいけませんし、病院で通院をしなければいけないというネックもあります。

コチラも読まれています⇒『夜がイマイチ盛り上がらない!夫が萎える!妻がやってはいけないたった5つの事!』

ICI療法における副作用

ICI療法はED治療薬に比べると副作用がそこまで出ないと言われていますが、全くないというわけではありません。

人によっては皮下出血や、疼痛などがあると報告されています。

ただし人によっては気にならないという人だったりそもそも副作用にならないという人が多いので比較的副作用は少ないと言われています。

ICI療法には早漏改善効果もある

ICI療法には早漏改善効果もあると言われています。

それは性的欲求が沸かない状態であろうとも半強制的に勃起に至るわけですので当然ながら感度という意味では大幅に低下をする可能性があります。

もちろん性行為をするという認識の下性行為をするわけですので多少は性的欲求や興奮はしているわけですので必ず下がるというわけではありませんが、早漏に悩んでいる人は性的興奮がわかない状態で注射をして性行為をすればかなり接続時間が延びると言っていいでしょう。

早漏で悩んでいる人に使われています。

最初はED治療薬から試そう

ED治療薬といえばバイアグラやレビトラ・シアリスなどが非常に有名でまずは勃起不全に悩む人でも最初に医師から進められるのはED治療薬です。

金銭的な面から見るとICI療法は中々手を出しづらくED治療薬は手ごろに購入することが出来て常に携帯をしやすいという点です、ポピュラーな医薬品だからです。

ED治療薬が効かなかったからといってもう性行為を諦めることはせずにICI療法というものがあると言うことを覚えておきましょう。


関連記事

  1. 最大36時間もの持続作用時間が特徴のシアリス

  2. ED治療薬を用途によって使い分け!それぞれの特徴を比較しよう

  3. 夢にまで見た最初のED治療薬バイアグラについて

  4. ED治療薬は副作用が出る薬!しっかりと副作用について理解しよう

  5. 性欲増進や勃起不全に効果がある食材を探している人にオススメのものとは

  6. 妊活中にED治療薬を使った際の胎児や妊娠への影響は?

男の自信を取り戻す