何秒から早漏?早漏の要因は2つある

 

男性のコンプレックスでやはり性行為時において女性を満足させること無く早く射精を迎えてしまうというのは男として情けないと思ってしまいますよね。

やはり大好きな女性と1秒でも満足させられるようにしたいと男性ならば考えていることでしょう。

何で自分は早漏なんだろう。早漏って何が原因で起こるんだろうと思ってしまう人も少なくないですが、実は2つの要因が考えられます。

1つは肉体的要因、そしてもう1つは精神的な要因で起こると言われています。

まず早漏という定義はそこまで明確にはありませんが、

ウィキペディアによると早漏の基準は

「膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない状態」とも、「1分または2分」とも言われる。

とされています。

明確なラインなどはありませんが、挿入してすぐに射精を迎えてしまう人は早漏ですよね。

また自分は3分ぐらいならば持つから早漏ではないって思ってしまうかもしれませんが、やはり3分程度の挿入だともう一声!って気持ちになると思います。

明確な最低ラインは決められていませんが、やはり1分2分で性行為が終わってしまったら女性からしてみれば内心“もう終わり・・?”って気持ちになります。

女性雑誌のHの相談室などで女性の性行為の本音などが記載されていたりしますが、やはり女性の本音としてもある程度は挿入時間があったほうがいいと望む人もすくなくありません。

日本は世界から比べても挿入時間が短いと言われていて平均時間は約7分程ですが、女性の本音としてはその約2倍の15分ぐらいが望ましいと言う声もあります。

もちろん中には挿入時間は短くても良いという人も多くそれでも5分ぐらいが良いという声ですのでやはり1分2分で射精を迎えてしまうのは女性からしてももうちょっとという部分があるのです。

女性はもうちょっと長くして欲しいけれどそんなことを男性に求めようと思っても難しいですからその気持ちを押し殺している人が多いです。

早漏の人からしてみれば15分というのはかなりの難題だといえますよね。

どうすれば長い時間挿入できるようになるのかを知りたいと思いますが、まず何が原因で早漏となってしまうのか?というのかの原因を知ることが大切です。

病気などでも自分が体調が悪いと思ったら何が原因で体調が悪いのかを知ることから始めますよね。

それと同じように原因を知ることが早漏改善の第一歩と言っていいでしょう。

早漏になる要因:肉体的

肉体的要因の一つとしてまず挙げられてしまうのが真性包茎です。真性包茎の人は早漏である可能性が非常に高いと言われています。

包茎とは亀頭が包皮に覆われて亀頭が露出していない状態のことを指すのですが、外部の刺激に極端に弱く、刺激が過敏となってしまって射精を迎えてしまうのです。

重度の広東包茎や新製法家の場合は、包茎手術をすることで刺激に弱くなり、早漏改善へとなります。

コンドームなどをつけていると刺激が鈍くなるから包茎は包まれているから刺激に鈍くなると思っている人もいますが、実は逆で外部への刺激に敏感になって挿入時に刺激となって伝わりすぐに射精を迎えてしまうのです。

また衰弱性早漏という加齢に伴って射精をコントロールする筋肉である射精間閉鎖筋が衰えることで早漏になるケースもあります。

早漏になる要因:精神的

早漏の要因の1つとして挙げられているのが実は精神的な思い込みによる人も多いと言われています。

特に性行為に慣れていない若者に多く現れており、一度すぐに射精を迎えてしまったことが頭の中に深く根付いてしまって早漏だということで逆に敏感に反応するようになってしまったりします。

若い人は性的興奮も沸きやすいので早漏に陥ってしまったりする人も多いです。

また性行為に対して自信がない人もやはり、相手を満足させようと思ったり、少しでも長持ちさせようと思えば思うほどそこに神経が集中してしまいますよね。

意識をしないようにしないようすればするほど逆に意識が集中してしまうものです。これによって逆に射精が早まってしまって悪循環に陥ってしまうのです。

挿入時間を延ばすためには

挿入時間を少しでも1秒でも延ばしたいと思っているのであれば地道な努力が必要となってきます。

一番簡単で今すぐ始められる方法としては肉体的な要因を減らすということですよね。

感度を鈍らせる為に厚手のコンドームを使用するようにしましょう。

刺激を鈍らせることが第一歩です。

ただし、気をつけて欲しいのがよく早漏対策に行われているスタート&ストップ法というものが日本だけではなくて世界中で流行りましたが、あの方法は改善が見込め内どころではなくて人体に悪影響を与えてしまう可能性もあります。

よく紹介をしているところがありますが、危険ですのでやめましょう。

詳しくは早漏改善で有名なスタートストップ法(セマンズ法)は危険なので絶対にダメ!をご覧下さい。

挿入時間を延ばすためにはパートナーの協力も必要となってきます。

相手にペニスを握ってもらっている状態に慣れたり、ちょっとローションを使って手でしごいてもらったりして刺激になれるように協力をしてもらいましょう。

実際にスタートストップ法ではない早漏改善に効果のあるトレーニング方法はあります。

まずは早漏というのは肉体的な刺激もありますが、精神的な思い込みも関与するということは覚えておきましょう。

関連記事

  1. 早漏改善で最も効果が現れるのが医薬品の早漏防止薬を服用すること

  2. 早漏を克服したいのであればPC筋とBC筋を鍛えよう

  3. 早漏改善で有名なスタートストップ法(セマンズ法)は危険なので絶対にダメ!

男の自信を取り戻す