何でハゲるの?ハゲる前から絶対にすべき7つの原因と対策

 

男性ならば誰もが考えるのがハゲについてです。

どうすればハゲにならない!と感じますし、いつハゲるのだろうと不安に感じる人もいるでしょう。生え際が気になってきたとかどうしても頭頂部のボリュームが減ってきたなど気になるところは多いはずです。

しかし、1つだけ言えることは何も対策をしなければそのままただ進行していくだけです。

世の中には何もしていないくてもフサフサのままで過ごして居る人もいますが、それは少数派です。ほとんどの人は何か対策をしないとハゲが進行してしまうものです。

言ってしまえば痩せの大食いは稀に見ますが、ほとんどの人は暴飲暴食を続けてしまうと太ってしまうことでしょう。

ですのでまずはなぜハゲてしまうのか?そしてハゲないための予防対策をしっかりと行っていくようにしましょう。

なぜハゲてしまうのかの原因

まず大切なのはなぜ人によってバラつきがあるのか?何が原因で抜けてしまうのかを知ることが大切です。

  • 暴飲暴食をしている
  • 神経質で怒りっぽくストレスを溜めやすい
  • 生活習慣が安定していない
  • タバコを吸っている
  • 家族や親戚にハゲが多い
  • 体毛が濃い
  • 髪の毛を洗いすぎていたり、髪を洗わない

上記のものに3つ以上当てはまっている人は比較的ハゲやすい体質です。でも確かに見てみれば髪の毛にとって見ればいいことでは無いですよね。

髪の毛は体の一部である以上、体に負担や無理をさせていれば当然髪の毛も元気がなくなってしまいます。

いかに今挙げたものが悪いのかを1つ1つ説明していきます。

暴飲暴食で血行が悪くなる

男性の場合がしてしまいがちなのが暴飲暴食です。やはりラーメンや牛丼などの脂質やカロリーが多いものを摂りすぎてしまっている人が非常に多いです。

炭水化物を多く取りすぎてしまうと血液がドロドロになってしまい血流が非常に悪くなってしまいます。

そうなると当然髪の毛に十分な栄養素が血流に流れなくなってしまいますよね。

頭皮には毛細血管という非常に細い血管が流れていますが血の巡りが悪いと当然十分な栄養素が行き渡らずに終わってしまうので髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

食事だけではなくてしょっぱいものが大好きだったりするのも控えなくてはいけません。

またお酒を毎日飲んでいるという人は週に2日は休肝日を作ってあげたりして体を傷かって上げましょう。

仕事でも週2回の休みが一般的ですから毎日お酒を飲むようなことはしないようにしましょう。

神経質で怒りっぽい

神経質で怒りっぽくてカリカリしてしまうとストレスとが溜まってしまいますよね。ストレスは美容の敵と言われていますが、本当なんです。

ストレスが溜まると血管が細く収縮してしまって血流が悪くなります。ストレスによって髪の毛に栄養が行き渡らなくなってしまいますよね。常にストレスを抱えていてカリカリしていたら当然自分の体は悪くなってしまいます。

ストレス社会と呼ばれている中でストレスを溜め込まないというのは難しいかもしれませんが、あまり怒らずストレスを抱えているのであれば発散するようにしましょう。

ストレスがどうしても仕事などで溜まってしまうのであれば発散することを覚えましょう。

生活習慣が安定していない

生活習慣というのは非常に重要で、朝起きて夜寝るというのが人間の体に適していると言われています。太陽が昇るときにおきて太陽が沈んだら寝るというのが一番体に良いのです。

しかし、今はスマホなどを深夜まで覗いていたり朝まで遊んでいたりすることも多いです。夜更かしをして寝不足をしていたりする人もいます。

また不定期な時間を働かなくてはいけないというのがあって時間が一定ではなかったりもしますね。

そういう人でもなるべく自分の中で同じ時間帯に寝るということを心がけるようにしましょう。

普段から寝不足で朝起きるのが辛いという人は夜遅く起きている10分が朝の後10分寝たいというのを失っていると思いましょう。

タバコを吸っている

タバコは体に害があると言われていて世界中で禁止されていたり、購入するのもかなり高く設定されています。

先進国の中でもここまで安く購入できるのは日本ぐらいです。

タバコを吸えば肺を悪くするだけではなくて血管が細くなります。定期的に吸っていればどんどん血行が悪くなり栄養素がうまく髪の毛に伝わらなくなってしまいますのでタバコはやめたほうがいいです。

家族や親戚にハゲが多い

家族や親戚にハゲが多いというのは遺伝でハゲやすくなります。こればかりは遺伝ですので自分ではどうしようもないことではありますが、それでも親戚や家族にハゲが多くてもフサフサの人はフサフサです。

ハゲるかどうかというのは遺伝は大きく関わるのは事実ですが、例えば周りにハゲがいても早めに対応をしておくことで対策にはなります。

遺伝で将来ハゲるからとは思わないようにしましょう。

体毛が濃い

体毛が濃いというのは男性彫る恩が多いということです。男性ホルモンが増えたら体毛が濃くなり頭の毛は薄くなってしまうものです。

男性ホルモンが変換されてDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるものになってしまい増えてしまうとハゲ原因になってしまうのです。

体毛が濃い人はその傾向にありますのでしっかりと生活習慣を見直したり、健康にいい食生活を過ごすようにしましょう。

髪の毛を洗いすぎていたり、髪を洗わない

髪の毛というのは環境が大きく左右します。

果物や野菜などもしっかりとビニールハウスで適温で育てられていますよね。髪の毛も同じように過剰に綺麗にしすぎていたり、逆に不衛生なままであれば当然髪の毛にとっていいことではないですよね。

適度に洗い、洗う時はしっかりとマッサージしながらあることが大切なんです。

またワックスを毎日つけていたり、スプレーなどでガッチガチに固めることも髪にとって決していいことではありません。頭皮にワックスが残ってしまってそれが悪影響を与えてしまったりします。

いつも同じ髪型で分け目もいつも同じという人はワックスをつけなかったり、たまには分け目を変えたりするようにしましょう。

健康的な生活に戻す

髪の毛にとっていい事というのは体にとっていいことになります。

まずは食生活・生活リズムを見直すことをしていきストレスを溜めないことが何よりも大事です。

ブラック企業で働いていて上司からいつも暴言を言われながら朝から晩まで休み無く働いていた人が転職をきっかけに残業も無く定時で上がれるホワイト企業に勤めることが出来たことで髪の毛が生えてきたという例も実は1件や2件ではありません。

生活環境というのは非常に髪の毛にとってもいいことですのできちんとした生活リズムで過ごす。

まずは健康的な生活を送れるかどうかが重要です。

言ってしまえば髪の毛というのは今の自分の体調を表していると思ってください。

関連記事

  1. AGA治療って何が凄いの?分からない人でも簡単に説明

  2. ハゲの進行を遅らせるための髪の洗い方とシャンプーの選び方

  3. 育毛・発毛で最強の使い方!プロペシアとミノキシジルの併用

  4. 注目の発毛成分!ミノキシジルの特徴と効果と副作用

  5. 食生活で驚くべき改善が見える!ハゲない為に摂るべき三大栄養素

  6. プロペシアは危険!?特徴と副作用と発毛効果を徹底解説

男の自信を取り戻す