今利用者が増えている無痛分娩って本当に大丈夫なの?

 

もし二人目があったら、無痛分娩で産みたい!

ほとんどの人が無痛分娩を希望する女性は多いです。出産の痛みは「鼻の穴からスイカを出すくらい」という有名な言葉がありますが、ほとんどの女性が納得する、もしくはもっと痛いという人も多いですよね。

それだけ出産と言うのはまさに命がけと言えます。だからこそ一度自然分娩を経験した人は二度目は無痛分娩で出産をしたい!自然分娩は一度だけで十分と言う人が多いでしょう。

家族や周りは無痛分娩に頼らず産みなさいとか、旦那は当事者じゃないからこそ簡単にお金がかかるから無痛分娩は無理だよとか、まず最初に否定から入ることが多いですよね。

しかし、産むのは女性ですし、昔とは違って無痛分娩が海外では当たり前になってきているだけではなくて、日本でも注目されてきているから無痛分娩のほうが良いと思う女性は多いですよね。

もちろん二人目ではなくて初めての出産から無痛分娩で産みたいと考える女性は多いですよね。

苦労して生んだほうが愛情がわくからとか、根拠のないことを言うわけです。

むしろ子供を産んでからのほうが苦労することのほうが多いでしょう。先進国では無痛分娩化が進んでいるのにも関わらず日本だけが無痛分娩を敬遠しがちです。

言ってしまえば一人目を自然分娩、二人目を無痛分娩で産んでたとしてもどっちが可愛いとかを痛みで判断するわけが無いですよね。

無痛分娩は今後ますます増えていくと思うのでここでは無痛分娩について紹介します。

世界の無痛分娩の割合

欧米では一般的な無痛分娩ですが、日本での実施数は認知はされ始めてきていますが、実際に行うという人はまだまだあまり多くないです。

2007年度に厚生労働省の調査によれば、日本にある約2800の分娩施設のうち、無痛分娩の中でも一般的な「硬膜外無痛分娩」を行ったのは250施設程度で、すべてのお産のうち硬膜外無痛分娩の割合は2.6%です。

日本産科麻酔学会によると、欧米で無痛分娩が行われた割合は、アメリカでは約61%(2008年)、フランスでは約80%(2010年)と盛んな国もあれば、イギリスでは約23%(2006年)、ドイツでは約18%(2002~2003年)とそれほど多くない国もあります

フランスが80%で断トツで、そこからアメリカ、イギリス・ドイツと続きます。

しかし、アジアでは無痛分娩の割合はかなり低く比較的よく行われる国でもシンガポールで16%、香港と台湾でそれぞれ9%(いずれも1997〜1999年)という調査結果が出ています。

とはいえ、このデータによっては10年以上前のデータも含まれているので今はどんどん利用者は増えてきているのは間違いないでしょう。

無痛分娩は本当に痛くないの?

まず一番気になるところではありますが、無痛分娩って本当に痛くないの?ってことですよね。

結論から言うと全く痛くならないというわけではない人が多いです。

例えば歯医者とかでも歯を抜く時に麻酔をする事がありますが、麻酔が効いている段階でも歯を抜く際には若干の痛みがありますよね。

痛みも個人差がありますし、麻酔が効きやすい人、効きにくい人がいます。

よく聞くのがいつもの生理がちょっと重く感じるという意見だったり、逆に全く効かなかったという人もいます。

こればかりは個人差が出てしまうので無痛分娩をしたからといって誰しもが無痛出産できるというわけではなくて、痛みを緩和させることが出来るという認識で居たほうがいいでしょう。

ただし、麻酔がよく効く人からしてみれば本当に無痛分娩をやってよかったという意見があります。

そして分娩時の痛みが和らぐ為にお産がスムーズに進みやすく母体への疲労感が少ないため、出産後の回復が比較的早いというメリットがあります。

海外では出産をして1日様子を見て次の退院と言うところもあるほどです。とにかく母体への負担が軽減されるのがいいですよね。

男性は産む事はないので、簡単に自然分娩でいいでしょ?って思うかもしれませんが、もし理解がない旦那には歯医者にいって麻酔無しで神経を切れる?って言ってみましょう。

もし出来るんだったら私も自然分娩するって言いましょう。

それこれとは話が別って言われたら、今は痛みに耐えられるかどうかの話をしているから話を摩り替えているのはどっち?って返してみましょう。

無痛分娩のリスク

ついこの前2018年3月4日の日本経済新聞で紹介されていましたが、厚労省の研究班では無痛分娩の「リスク差ない」と見解を示したとありました。

10年以降に無痛分娩を受けた14人が死亡したことについて、海野氏は「同期間の妊産婦死亡者271人に占める割合は5.2%。分娩全体での無痛の実施率も14年度からの3年間で4.6%から6.1%に伸びており、ほぼ同じ割合で死亡するケースも起きている」と説明。

ただし、これからも細かく調べなければいけないともいっています。

昨今無痛分娩の死亡者がほうどうされたことで、一部にメディアが取り上げたことで無痛分娩が本当に大丈夫?と不安に思う人も出てきますよね。

無痛分娩は怖いものという認識がされていると思います。

とはいえリスクがあることも間違いありません。

無痛分娩とは、陣痛を起こす「陣痛促進剤」を投与し、子宮の痛みを取り除く「硬膜外鎮痛法(硬膜外麻酔)」を行うものですが、陣痛促進剤と硬膜外麻酔のその両方にリスクがあります。

陣痛促進剤

陣痛促進剤の副作用は吐き気、不整脈、下痢などなど多岐に渡るようです。その中でも最もリスクと捉えるのが「過強陣痛」です。過度に子宮が収縮してしまって「胎児機能不全」や「子宮破裂」を起こしてしまうことにあります。

硬膜外鎮痛法(硬膜外麻酔)のリスク

無痛分娩での麻酔では主に「硬膜外鎮痛法(硬膜外麻酔)」で行われることがほとんどです。

硬膜外鎮痛法は、腰からカテーテル挿入し、硬膜外腔に入れて、麻酔を注入する方法で、この時に赤ちゃんにも麻酔が効いてしまうのでは?と不安になると思いますが、硬膜外麻酔が直接的に胎児、新生児に与える影響は、ほぼないとされています。

母体への直接的な影響としては

・母体発熱
・下半身の感覚が鈍くなる、力が入らなくなる
・母体低血圧
・尿が出づらくなる
・かゆみ

さらに無痛分娩では、少し、いきむ力が弱くなるので、吸引分娩となる確率が、少し上がるとも言われています。

他にも重要なリスクとして
・脊髄くも膜下腔に麻酔薬が入ってしまう
・局所麻酔中毒
・硬膜穿刺後頭痛

などがあり、最悪な場合、重篤な状態や死亡する可能性も否定できません。

とはいえ滅多に起こることではなくて自然分娩に関してもそれ相応のリスクはあります。

必ず出産の際に無痛分娩を考えているという人はかかりつけの医者に相談をしたり、有名な無痛分娩の病院を調べた上で行うようにしましょう。

無痛分娩の費用

昔と違って無痛分娩を行う病院も増えてきていて日本でも認知度は高いですよね。

気になる費用ですが、入院する病院によって費用は大きく違っています。

大学病院での無痛分娩は自然分娩した時との費用に差があまりないことが多いです。

総合病院では、大部屋か個室かによって費用に差が出る傾向にあるようです。

逆に個人病院での出産は入院中の設備やサービスがとても充実している病院もあり、早くから無痛分娩を取り入れている有名な病院での無痛分娩は自然分娩よりも出産費用が高くなるところもあります。

ただし、目安として自然分娩費用+10万円以上の費用が相場と考えていいでしょう。他には無痛分娩のほかにも産後ケアなどを充実しているところだったり、産後エステなどをしてくれるところや個室だったり、料理が充実しているということもあります。

病院によって値段は前後をしますが、相場的には自然分娩+10万円を基準にして後はオプションを入れるかどうかで変わってくると思いましょう。

まとめ

無痛分娩と言うのは欧米諸国を中心に年々受ける人は増えてきています。特に1人目を出産して2人目となった時に無痛分娩を選択する人は日本でも増えてきています。

きちんと家族にもメリットデメリットや費用の面を相談をして決めるようにしましょう。

無痛分娩はリスクがあるということ、そしてメリットも大きいということも理解してもらいましょう。

関連記事

  1. 妊娠初期の過ごし方とは?流産のリスクや生活上の注意点

  2. 妊活している夫婦が気になる不妊治療の費用やリスクについて

  3. 子供が欲しいと思ったらまずは知らなければいけない妊活の基本

  4. 妊活においてやはり大切なのは妊娠しやすい体作りをすること

  5. 待望の赤ちゃん!生まれて来るまでに用意すること

  6. 出産後が最も危険!?気をつける点と将来への負担

男の自信を取り戻す