リバウンドしないためにもしっかりと食事を摂る事が大事

 

痩せることは出来るし、1回本気でトレーニングを始めたら半年は持つんだけどふとした瞬間にトレーニングを止めてしまってそこからなんとなく食事をし続けてしまってリバウンドをしてしまったという人もいると思います。

痩せられるけどまたリバウンドをしてしまうと言う人ですね。

 

1年の間で体重の増減が激しいという人も少なくないのではないでしょうか?

 

どうしてもリバウンドをしてしまうという人のためにここではリバウンドしないための方法を紹介していきます。

 

リバウンドをしないための対策:食事編

リバウンドをしない為にはやはり暴飲暴食は避けなくてはいけません。これは絶対です。

どんなにトレーニングを積んでいていてもそれを上回る暴飲暴食をしてしまったりすれば当然ながら太ってしまいます。

極力バランスのいい食事をする事をオススメします。

でもどうしてもがっついて食事をしてしまうという人は食べる前にプロテインを牛乳で割って飲むようにしましょう。

牛乳を飲むことで満腹中枢が刺激されるのです。

プロテインは太る!って思うかもしれませんが、暴飲暴食をするよりかはいいです。プロテイン自体は栄養価が高いので、運動さえ怠らなければ大丈夫です。

どうしてもダイエット中と言うのは「食べない」というのをしてしまいがちです。

1週間とか最初の時などのスタートダッシュをしたいときに期間を定めて食事量を減らすとかするのであれば問題ないですが、やはり常に食べないというのは身体にもよくありませんし、太りやすい身体になってしまいます。

ある程度は食事を摂るということは必要なんです。

リバウンドをしないための対策:運動編

 

ある程度痩せてきたらもう辛いトレーニングはいいかな?って思ってしまうかもしれませんが、今まで運動をして体重を落としていった人が運動を止めてしまえば当然、身体は元の身体に戻ってしまいます。

そのため身体を引き締めた後でも体重やスタイルをキープするためにも最低でも週2日は今までどおりの運動や筋トレを行う必要があります。

体重を無理に落とそうとするのではなくて維持するための運動は絶対に必要です。

プロスポーツ選手が引退をして数年したら体が太ってしまったという人も多く見受けられますよね。

ある程度スタイルを維持するためにも週に2日は最低でもこなさなければいけませんし、結構食事は摂るほうだという人は週に3日は運動をしましょう。

 

せっかく体重を落としていったのですから元の太った身体に戻りたくないという人は多いと思います。

 

よくやってしまいがちなのが糖質制限をして体重を落とした人です。糖質制限の優れている点としてすぐに効果が現れる点ですが、糖質制限を解除したと単に途端に身体がリバウンドをしてしまいます。

ですので糖質制限は1週間などの限定的に身体を落として身体を軽くして運動をする際の身体の負担を軽減させる為として利用するのが一番良いと思います。

そこからは筋トレや運動をしながら正しい食事量を摂るのが大事です。

運動が苦手だ!と言う人でも年齢を重ねれば重ねるほど運動がいかに大事なのか?というのを知ることとなると思います。

運動は心身共にとても重要なことです。

 

だからこそ運動と言うものは生涯向き合っていくことと考えてある程度筋トレや食事制限で身体を絞った後はリバウンドをしないように自分の好きなスポーツを中心に継続できる負担の少ないものを行うようにしましょう。

 

 

男の自信を取り戻す