ヘルペスを早く治す!食べ物や市販薬などの薬をチェック!

 

本日の人気記事
〈PR〉


一度発症してしまうとなかなか完治することが難しく、何度も再発を繰り返す厄介な口唇へルぺス。

ヘルペスといえば、口唇ヘルペスと性器ヘルペスがあります。

口唇ヘルペスは口の周りにチクチクとした違和感やハレ、痛みなどを感じて水ぶくれやニキビににた炎症した状態になります。

しばらくするとかさぶたになって消えるものの、口唇ヘルペスはすぐに再発してしまいます。

実は、この口唇は性器にも感染してしまうことがわかっています。

今回は、性器に伝染る前の口唇ヘルペスについて特集していきます。
通常はヘルペスは大事には至らないものの、けして自己診断せずに早めの専門医の受信が大切になってきます。

スポンサーリンク

口唇ヘルペスってなに?

口唇はヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスが原因となっておきる感染症の一つです。

ヘルペスは風邪をひいたり熱がでたりすることが誘因となって発症します。さらに紫外線をあびたことが引き金になって発症することもあります。

そのために、昔から風邪の華という呼ばれ方もしています。

ヘルペスは子供の頃に家族の間で感染しているケースが多いとされています。

子共のころに感染したヘルペスは潜伏感染している場合が多い。

風邪などにより免疫力が弱ったときに潜伏感染していたヘルペスウイルスが口唇などに炎症を起こしたりして表に出てくると言われています。

口唇ヘルペスの初期感染

ヘルペスウイルスの多くは子供の頃の幼少期に家族内などから感染している場合がほとんど。

ただ、子供の頃の初期感染は本人が気が付かない場合もある。

大人になってからの初期感染の場合は症状が思いケースが非常に多いとされている。

また大人になってからの感染は再発を繰り返すことがおおいようです。

ヘルペスは症状が出ていなくても潜伏しているケースが多いウイルスです。

あるデータによると大人の半数にあたる50パーセントが感染、さらに70歳異常になると、殆どの方が感染しているというデータもあります。

コチラも読まれています⇒『1週間で必ず-7kgを達成する方法』

ヘルペスの潜伏感染

ヘルペスは一度感染してしまうと三叉神経節(さんさしんけい)という場所に一生住み着くと言われます。これを潜在感性といいます。潜在感染したウイルスは非常に厄介で体調が悪くなると一気に暴れだします。

ヘルペスは再発しやすい

ヘルペスは一度感染していしまうと三叉神経節に潜伏してしまいます。結果的に体調が悪くなったり免疫力が低下すると一気にヘルペスが再発してしまいます。

口唇ヘルペスの種類

ヘルペスウイルスは8種類あります。
主なヘルペスウイルスとその病気は以下の通りです。

単純ヘルペスウイルス1型(HHV-1)
口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、ヘルペス性角膜炎、カポジ水痘様発疹症など

単純ヘルペスウイルス2型(HHV-2)
性器ヘルペス、臀部ヘルペス、ヘルペス性髄膜炎

水痘・帯状疱疹ウイルス(HHV-3)
みずぼうそう、帯状疱疹

口唇ヘルペスはどうやって伝染る?

口唇ヘルペスはどのようにして伝染るのでしょうか?

ヘルペスは接触感染です。人間同士の接触で伝染る為に水ぶくれなどの症状が出ているときに接触すると感染するケースが多いと言われています。

さらに、親子間や夫婦間にパートナーなど関係が近いほど感性の可能性がたかくなります。

ただ、健康な皮膚はウイルスが簡単に侵入することは出来ません。

小さな傷や湿疹、さらに性器や口などの粘膜接触がウイルスが伝染る可能性が1番高くなります。

小さい乳幼児へのキスなどは注意が必要です。

コチラも読まれています⇒『【夜が怖い!】夫婦同士で求められる事が怖くなったときの対処法』

口唇ヘルペスは自己判断しないで皮膚科か内科へ

口唇ヘルペスが出来た場合は自己判断で放置しないで皮膚科、もしくは内科を受診してください。

とにかく、早めの病院での治療が第一。

ヘルペスは一度感染してしまうと、体内から完全にウイスルを取りのぞくことは難しいと言われています。
しかし、専門医の適切な治療をうければ、ほとんどの場合、状態の悪化を防ぐことがでるようです。

口唇ヘルペスの治療は薬で治療するから安心

ヘルペスウイルスは残念ながら現代の医療では完全にウイルスを撃退することはできません。

しかし、薬でウイルスの増殖を抑えたり、症状を軽くしたりすることはできます。

口唇ヘルペスを発症した場合は数年前は病院での治療薬を処方してもらう以外にはありませんでした。

しかし、現在ではドラッグストアなどでも軟膏やクリームなどの外用薬に限り、ドラッグストアなどで購入が可能になっています。

ただ、ドラッグストアで購入できる外用薬は初期感染には使用出来ません。

これの外用薬は過去に病院で口唇ヘルペスと診断されたことがあり、再度同じ症状が確認された場合に限り、使用が許可されている再発治療薬です。

口唇ヘルペスは自己判断が難しく判断を間違った場合には症状悪化の可能性もありませす。

バルトレックスやアシビルなど

現在、バルトレックスアシビルなどの抗生物質など様々な薬が有効とされています。

ヘルペスウイルス感染症は早ければ早いほど治療しやすい病気です。早めに治療開始することをおすすめします。

バルトレックスアシビルなどの抗生物質など様々な薬が有効とされています。

バルトレックスは単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペス、水ぼうそうを緩和する医薬品です。
原因菌であるヘルペスウイルスの増殖を抑制します。
ヘルペスウイルスは皮膚や粘膜に水ぶくれを形成し、場所によりよっては赤く腫れるなどの症状と、痛みが伴います。
初期段階の方が、治癒率は高いとされております。

日本では個人輸入する以外はキチンと専門医の診断を受診して処方箋を出して貰うことをオススメします。

男の自信を取り戻す