プロペシアは危険!?特徴と副作用と発毛効果を徹底解説

 

薄毛に悩んでいてこのまま何もしなかったら確実にハゲていくだろうと思っていて色々と調べたことがある人は一度はプロペシアにたどり着くことでしょう。

プロペシアには発毛効果があると言われているが本当に効くの?大丈夫なの?

副作用は危険?使い続けて大丈夫なの?ということについて分かりやすく説明していきます。

プロペシアはAGA治療において有効な薬ではありますが、病院で処方される医薬品には副作用がつきものです。

そして何の知識もなくプロペシアを使っていると後で後悔をすることにもなりますのでしっかりとどういった効果や副作用があるのかというのを把握してから利用しなければいけません。

プロペシアとは?

テレビのCMなどでもたびたび見かけるAGA治療のクリニックですが、そのAGA治療のクリニックの多くで使われているのがプロペシアです。

そんなプロペシアは日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めた、数少ないAGAの正式な治療薬なんです。

もともとプロペシアは前立腺肥大の治療薬として認可されたものなのですが、その後に臨床データや研究により、前立腺の疾患で、このフィナステリドを成分とする治療薬を服用している人に脱毛の減少や、毛髪の増加という副作用見られることが判明し、本格的にプロペシアを育毛や発毛に効く医薬品として発売されたのです。

AGAとは「男性型脱毛症」のことを指し、簡単に言えば「若ハゲ」のことです。

ストレスや遺伝・生活リズムや偏った食事などが原因でも男性型脱毛症は進むといわれていますが、AGAの主な原因は男性ホルモンの乱れが原因です。

男性ホルモンは本来、骨を丈夫にしたり、筋肉を付けたりと、男性らしい身体を作るのに必要なホルモンですが、その男性ホルモンが乱れてしまうと男性ホルモンの「テストステロン」から「DHT(ジヒドロテストステロン)」が作られます。

その「DHT」が高濃度になると「男性型脱毛症(AGA)」を引き起こしてしまいます。

この男性型脱毛症(AGA)を引起こしやすくする「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制することが出来るのがプロペシアなんです。

プロペシアの発毛効果

プロペシアは飲む育毛剤とも呼ばれており、これまでに多くの人に発毛効果が認められてきました。

日本皮膚科学会ガイドラインの中にもしっかりと

男性症例に内服療法の第一選択薬として用いるべきである

と記述がされています。

プロペシアの服用を始めてから効果が出始める早さは人によって個人差があります。それは人によって生活スタイルが違ったり、生活環境があったり、そもそも髪質が違ったりするためです。

早い人では3ヶ月~4ヶ月で効果を現すという人もいますが、平均すると約半年、人によっては1年使い続けてようやく効果が出始めたという人もいます。

髪の毛にはヘアサイクルがあるためどうしても効果が出るのに時間がかかるのです。

プロペシアの服用方法

プロペシアを服用する時間帯は特に決まった時間はありませんが、ある程度同じ時間帯に飲むほうが飲み忘れなどがないのでいいでしょう。

大体は寝る前に服用する人や朝起きて飲む人がが多いですが、大切なのは長い期間しっかりと飲み続けることが重要です。

プロペシアの副作用

プロペシアは日本皮膚科学会で認められた医薬品ではありますが、気をつけなければいけないのがプロペシアには強い副作用があるといわれている点です。

主な副作用の症状として、頭痛、腹痛、下痢、眠気といった医薬品によく見られる症状の他にも、胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用も報告されています。

さらに注意すべき副作用としては「男性機能の低下」があります。勃起不全や射精障害、精液量の減少による男性不妊というものも挙げられます。

特に妊活中という夫婦の場合は服用をお勧めしません。

また妊婦や乳幼児はプロペシアを触ることすら禁止されています。

妊婦の皮膚から胎児へと成分が入り込んでしまいます。プロペシアは男性ホルモンを抑制するのですが、胎児というのはホルモンバランスに過敏に反応してしまうので胎児に影響を与えてしまいます。

手の届かないところに置くように注意しましょう。

プロペシアの初期脱毛

「プロペシアを服用しはじめて、逆に抜け毛が増えた」という口コミを多く挙げられますよね!

プロペシアを利用したことがない人からしてみればこれ以上毛が抜けるの?って不安に思われるかもしれませんが、これはプロペシアの初期の症状です。

不安になってここで中断をしてしまう人もいますが、服用を続けてください。

男性型脱毛症(AGA)は、成長期、退行期、休止期というヘアサイクルが乱れるのですが、ヘアサイクルを正常に戻すために一旦休止中の髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

これはプロペシアを服用したほとんどの方に見られる症状で早い人で3日目、1週間もたてば多くの人が初期脱毛の症状が現れ始めます。

その後、約1ヶ月ほどで、初期脱毛の症状はなくなりヘアサイクルが正常に戻ってきます。

初期脱毛の症状が見られても決して中断することなく服用し続けることで発毛効果が得られます。

プロペシアは危険!?特徴と副作用と発毛効果を徹底解説のまとめ

プロペシアは日本皮膚科学会で認められた医薬品ではありますが、副作用が人によっては重篤な症状となって現れる可能性があります。

プロペシアを使用してEDになってしまったり、性欲減衰、男性不妊になる人もいるということをしっかりと把握しましょう。

また必ず妊婦や乳幼児が触らないように注意しなくてはいけません。

服用する量も必ず規定量で収めて服用すると決めたら1年単位で服用し続けるようにしましょう。

関連記事

  1. 何でハゲるの?ハゲる前から絶対にすべき7つの原因と対策

  2. チャップアップは効果がない?副作用や効果など気になる部分を分析!

  3. 注目の発毛成分!ミノキシジルの特徴と効果と副作用

  4. 食生活で驚くべき改善が見える!ハゲない為に摂るべき三大栄養素

  5. ハゲの進行を遅らせるための髪の洗い方とシャンプーの選び方

  6. AGA治療って何が凄いの?分からない人でも簡単に説明

男の自信を取り戻す