バイアグラのジェネリック医薬品について

 

バイアグラは世界で最も知名度の高い医薬品の1つと言えるでしょう。

1998年に誕生して日本でも翌年の1999年に発売されて今もなおED治療薬といえばバイアグラをまずは利用するという人が多いです。

独占販売の特許が切れたことで多くの医薬品製造メーカーがジェネリック医薬品を製造・販売をしています。

ジェネリック大国と呼ばれるインドはもちろんのこと世界中で販売されていて日本の製造メーカーでも作られています。

多種多様な医薬品メーカーから作られていて最新のものだとOD錠と呼ばれるフィルム型であり、水無しで服用することが出来るものも製造されています。

他にも飲みやすく小さくて丸い形状になっていたり、コーヒー味やレモン味といったものなども販売されています。

色々な種類があってどれを選んでいいのかいまいちよく分からないという人もいるでしょう。

ジェネリック医薬品の場合はどれが優れているとかの違いはありません。

基本的に厳しい審査を受けて先発医薬品であるバイアグラと同等の効果をもたらすことが認められて販売されているので優劣はありません。

基本的に自分に合った薬を利用することが望ましいです。

ただ種類がありすぎて選べないという人もいると思いますのでここでは知名度があり、料金も安く販売されているものを紹介していきます。

まとめて購入したほうが安いので個人輸入をするのがいいでしょう。

またバイアグラの100mg錠はジェネリック医薬品であっても日本では販売されていません。

普段50mg錠を服用していると言う人は100mg錠をピルカッターなどで半分に割って服用すればさらに料金を抑えて服用することが出来るのでオススメです。

海外のバイアグラのジェネリック医薬品ならば100mg錠が販売されていてさらに値段も安いので非常に使い勝手がいいでしょう。

カマグラゴールド

バイアグラジェネリックとして不動の人気を誇っているカマグラ100mg錠でしょう。インドの非常に有名なAjanta Pharma社が製造をしているジェネリック医薬品です。

1973年に設立されて、2000年には株式上場を果たしていて世界中に2500人以上もの従業員がいる世界的な会社でもあります。

まとめて購入すれば1錠あたりの値段がなんと145円ですし、それを半分に割って服用すれば1錠あたり80円もしない計算になります。

飲料水を自販機で購入するよりも安く済むので経済的負担はほとんどないと言っていいでしょう。

カベルタ

カベルタはインドのRanbaxy Laboratories社(ランバクシー・ラボラトリーズ社)で製造されているバイアグラのジェネリック医薬品であり、非常に有名です。今現在はサン・ファーマ社の子会社になっています。

まとめて購入すれば1錠あたり360円で購入できるということもあり非常に安く手に入ります。

インドのサン・ファーマ社はジェネリック医薬品を数多く製造・販売しているので実績もある信用できる会社が製造をしています。

世界150ヶ国以上に渡り様々な医薬品を輸出しており、その規模は5大陸に45か所の製造施設を持っています。

インド国内では売上1位、ジェネリック医薬品の分野では世界第5位の実績を持つ大企業であり、日本の製薬会社よりも高い売上高を誇っています。

スハグラ

スハグラ100mgはインドのシプラ(Cipla)社が製造・販売しているED(勃起障害)の治療薬です。こちらもバイアグラと同等の効果が期待できるので安心して利用することが出来ます。

日本ではシプラ社って聞いてもいまいちピンと来ないかもしれませんが、シプラはインド最大の都市・ムンバイに本社を置く製薬会社です。

創業は1937年で、2014年時点での時価総額は7.7億ドル(日本円で約8,000億ほど)。20,000人以上もの従業員を雇用する世界的一流企業でもあります。

シプラ社は30以上の製造施設をもち、アメリカFDA・MHRA-UK・WHOなどの各国の国際規制機関に承認されていて日本のPMDA(医薬品医療機器総合機構)からの承認も受けている普通の消費者はなじみがないですが、かなり大きな会社です。

インド国内での製造販売だけでなく、世界150ヶ国以上に医薬品を輸出しています。

スハグラ100mg錠は1錠あたり、194円と安いので100mg錠を半分に割って服用すれば約100円程度で購入することが出来るというのが魅力です。

コチラも読まれています⇒『早漏を克服したいのであれば○○と〇〇を鍛えよう!』

薬には相性がある

医薬品というのは非常に個人差となって現れやすいというのがあります。

人によってはバイアグラが最も効果を表すという人もいれば人によってはレビトラがいい!とかシアリスが良いという人もいます。

またジェネリック医薬品も同等の成分と製造で作られていますが、個人によって相性があるのか良し悪しが出ます。

だからこそ色々な製造メーカーから作られるのかわかりませんが、まずは色々と試してみるのもいいかもしれません。

とはいえ基本的には厳しい審査をクリアをして製造販売されているので値段が安いものを優先したり、知名度で選んだりしても特にそこまではっきりとした違いはないと言えるでしょう。

パッケージが気に入ったとかで購入したりしている人もいるので深く考えすぎないでいいでしょう。

関連記事

  1. もしかしてED?そもそもEDって何でなるの?原因は?

  2. 夢にまで見た最初のED治療薬バイアグラについて

  3. 勃起不全の最後の砦ICI療法とは

  4. ED治療薬の正しく保存すれば2年も長持ちする

  5. 39歳独身男性・・勃たない男がたった数分で自信を取り戻すまでのまでの1000日闘争記

  6. ED治療薬を用途によって使い分け!それぞれの特徴を比較しよう

男の自信を取り戻す