もしかして口が臭い?口臭が気になる人向けの予防と治す方法

 

家族などから口がここ最近臭いよ!って言われたり、なんだか自分の口から今までに無い臭いや違和感を感じているという人もいるでしょう。

年齢を重ねていけば体のいたるところにガタがきますが、当然臭いに関して物を入れたり飲み物を飲んだりする口の臭いと言うのはとても気になりますよね。

口臭と言うのは人と接して会話をするというときに臭いが相手に伝わるだけで非常に不快な思いをさせますし、喋っている内容なんて頭に入りません。

ただ、その場が不快になる場所となってしまうだけです。

口臭を改善しようと思ったらまずは歯磨きをすることを考えますが、磨いた時だけ臭いはなくなりますが、すぐにまた臭ってきます。

歯磨きをするのはとても大切なことですが、抜本的な解決にはならないのです。

ですのでここではどのようにすれば口臭が治るのかというのを紹介していきたいと思います。

口臭が気になると人と接しれなくなる

自分はもしかして口が臭い?って思ったらついつい過敏になってしまいますよね。周りがひそひそ話をしているのはもしかして自分の口臭のことを言っているのではないか?ってついつい気になってしまいますよね。

一度でも臭いと言われてしまったらトラウマレベルで傷ついてしまいますよね。

そうなると人と話している時も会話の内容よりも自分の口の臭さが気になってしまってうまく接しレナ区なってしまうという人もいますよね。

しかし、一度でも言われたのであれば改善をしていけば言いだけです。

そのままにしておけば何も変わりません。治す方法を考えるようにしましょう。

ひどい臭いを発していたら病気のサイン

誰でも口臭と言うのは気になりますよね。思春期のときやシニア世代と呼ばれる人も口臭と言うのは人と接する以上は気になって仕方が無いものです。

ニンニク料理やビールなどのアルコールの臭いなどの刺激臭に関してはある程度理由が明確だからこそ我慢できますが、ちょっと臭いを感じただけでも不快に感じる酷い臭いもありますよね。

相手に申し訳ないと思っていながらも臭いが強烈すぎて思わずしかめっ面になってしまったり、もしくは、咳こんでごまかそうとしてしまいますよね。

そういった我慢できない臭いと言うのは実は内臓から悪くて発している臭いかもしれません。

歯医者で治療しても、歯磨きをしても、口臭が治らない。体の内側からの病気のサインとなっています。

歯医者にいっても治らないという場合は早めに病院にいって検査をしてもらうようにしましょう。

我慢できないほどで治らない臭いと言うのは実は1割にも満たないと言われています。

逆にいえば9割の方はきちんとエチケットをしていけば治る病気でもあるわけですのでしっかりと口臭エチケットをしていきましょう。

口臭が酷くなる病気といえば「胃腸、肝臓、糖尿病、癌などの病気」が原因です。

たかが口臭が治らず酷いと思ったら病院で見てもらうようにしましょう。

虫歯が口臭原因

口臭が気になったら真っ先に疑うのが虫歯ですよね。

虫歯になった菌が感染して膿(うみ)を作り出します。

虫歯によって口臭になるのでまずはしばらく歯科医に行っていない人はまずは口が臭いと思ったら病院で見てもらうようにしましょう。

歯周病が口臭原因

口臭原因として多いのが歯周病です。

歯周病と言うのは歯磨きをすれば治ると思っている人もおおいですが、歯ブラシだけでは狭い歯周ポケットの間を磨くことが出来ません。

いつのまにか歯石が着いていたりします。歯石は歯磨きできれいに落とせなかったプラークが固まったもので出来ているのです。

歯周病の特徴としては臭いだけではなくて痒みや痛み、出血、歯茎が黒くなるというのが上げられるので自分では歯周病ではないと思っている人もまずは病院に行ってケアをしてもらうことが大切です。

歯間ブラシなどを購入してケアをするようにしましょう。初めて行う人はその臭さにビックリすると思いますが、それが歯に付きまとっていると思ったらいかに歯間ブラシが大事か、いかに歯ブラシだけでは落とせないかが分かると思います。

舌苔が口臭原因

舌の表面は、ヒダヒダ状の乳頭や突起(みらい)で覆われています。

舌には、沢山の食べかすなどが付着しており、そこに細菌が繁殖し腐敗臭を発していて舌から発するタイプの口臭の原因となります。

しかし、舌磨きをすると舌の上に生えている細長い糸状乳頭(しじょうにゅうとう)が傷ついて角化が進んでしまい、より口臭が発生するというのがあります。

歯ブラシなどで舌を磨こうとするのではなくて専用の舌ブラシを購入して磨くようにしましょう。

膿栓(のうせん)が口臭原因

膿栓によって口臭が起こる可能性もあります。

膿栓というのは呼吸によって口に入ってきた細菌やウィルスは、喉(のど)でくい止められるのですが、扁桃(へんとう)の穴に残り乾燥して固まったのが膿栓(のうせん)です。

膿栓(のうせん)が出来るのはよく風邪を引いたときに出来るもので、誰にでも起こりえます。

ただし、膿栓(のうせん)が出来やすい人の特徴として鼻炎の人やいびきや口呼吸などで口を乾燥させてしまう人などは出来やすいので気をつけましょう。

よくうがいをしたり、アルカリイオン水を多めに飲むようにしましょう。口を乾燥させないというのも大事な口臭ケアになります。

まとめ

口臭対策と言うのは老若男女問わず誰もがエチケットとして行っておくべきです。

少しでも気になると思ったらマメにケアをしてあげましょう。

基本は歯科医に行って相談をする。

恥ずかしいと思うかもしれませんが、医者もなれていますし、歯の状況を見ればある程度分かるといいます。

また虫歯や歯周病と言うのは将来も健康的な歯を保つ上で非常に大事です。

70歳になったときに歯が抜けて固いものが噛めないというのはいやだと思ったら若いうちから口臭ケアなどをしておくことで虫歯や歯周病を防ぐことにも繋がっていきます。

関連記事

  1. もしかして歯周病と思ったら確認をしておきたい11のサイン

  2. 歯周病予防から生まれた正しい歯磨きの仕方で口臭対策の第一歩

男の自信を取り戻す