【夜が怖い!】夫婦同士で求められる事が怖くなったときの対処法

 

長年連れ添った夫婦でも、毎晩のように愛し合うカップルもいれば、夫婦の夜の営みは月に一回なんてケースも。

中には半年、または一年以上もセックスがないなんて夫婦も増えています。

とくに、男女ともにパートナーがスキンシップや夫婦関係を求めてくるのに自分はしたくない。

そんなケースはかなり多いようです。。

人間であれば、当然の行為もずっと同じパートナーとの関係にすっかり飽きてしまうケースも多いおようです。

そこで、今回は3つの解消法をまとめので、ご自身のケースに照らし合わせて是非参考にしていただければと思います。

夜が怖い!!パートナーに求められる事が苦痛な人々が急増中


結婚して、数年もするとすっかりセックスレスになっていた・・・

そんな声を多く聞くようになります。

諸外国とくらべて、日本では特出して夫婦間のセックスの回数は少ないとも言われています。

2016年に行われたある調査では、なんと40代の85.5パーセントがセックスレスに陥っているという諸劇的な結果が出ています。

同時にこんなアンケートも実施しました。
「自分たちが円満夫婦かどうか」を尋ねたところ、全体では81.0%が「円満夫婦である」と回答しています。

つまり、夫婦仲はけっして悪くない。
むしろ、仲良しであるにもかかわらず、性的な対象にはなりえないというのです。

こういった場合、お互いがセックス以外の事で共通点を見出して夫婦生活を営んでいくというのはあるみでは理想的でもあります。

しかし、最悪なのは、パートナーのどちらかが、まだセックスをしたい。一方のパートナーはセックスの対象にはならない。

そんな状況になるともう悲劇です。

では、どのような事が原因でセックスレスになってしまうのでしょうか??

性欲の減退

とにかく、大問題のこの性欲の減退。

お互いに性欲がなくなっていけば問題はないが、おおくの場合は女性のほうが年齢とともに性欲は高まってくると言われています。

反対に、男性の方は年齢とともに性欲が薄れてく、
もしくは、性欲はあっても男性としての勃起などの性的機能の低下などでも結果としてセックスレスになってしまうことが多いようです。

妻・夫を性の対象としてみれなくなった

このタイプはかなり厄介。性欲事態は衰えていないのに、妻や夫などのパートナーを性的な対象としてみることができない。

しかし、この場合は実はちょっとした事でお互いの関係が改善するケースもあります。

セックスの習慣が途切れてからなんとなく

妊娠や出産などで、夜の夫婦生活が一度なくなってしまうと、夫婦生活を復活するタイミングを逸してしまうケースも多いようです。

とくに、最近は男性の仕事の忙しさからただでさえセックスレスになりやすいのに加えて、妻の方も育児に没頭するあまり、夫の存在が疎ましいものになるケースも多いのだとか。

中には、夫に対して生理的に受け付けなくなる人もいるなど、これは時間をかけなければならないケースのうちの一つと言われています。

外に愛人など不倫をしている

以前は不倫は男性の専売特許的なところがありました。

しかし、現在は普通の主婦が当たり前のように不倫をしています。

やはり外に愛人がいると、どうしてもパートナーとのセックスはおざなりになってしまいます。

とにかく、今はしたくない!そんな時の対処法

まず、軽度の場合は、相手からのサインに対して見て見ぬふりは逆効果。

とくに、数日の問題であれば、体調が悪いというのが一番波風がタチません。

しかし、夜が怖いという人の多くは長期に渡ってパートナーとセックスしたくないという方がほとんど。

そんなときは、ずばり大きな嘘をつくことが必要になります。

男性であれば、勃起すると激痛がはしるからしばらくセックス出来ない。
女性であればあそこが痛いといって収まるあまではセックス出来ない。

なんとか、それでしばらくはやり過ごすことができます。

しかし、それも根本的な解決にはなりません!最終的にお互いの気持ちをぶつけ合いましょう

結局、夜が怖い人は、一度やり過ごしても、また求められる怖さは間違いありません。

その場合は、とにかく正直に自分の症状を告白する事が大切です。

たとえば、パートナーが太っていたら?
当然のように痩せて欲しいと言うべきです。

臭い、汚いなど生理的に受け付けないのであれば、しかりとそれを伝えて清潔感を保ってもらいましょう。

いくら現実からめをそむけていても現実は変わりません。

どうして、自分は相手とセックスができないのか?

まずは、原因を自分と相手と双方で見つけて、解決に向けて話し合う事が一番大切です。

絶対に無理にセックスをすることはオススメ出来ません。

完全に逆効果になります。

ざつなセックスではなくて、じっくりと時間をかけて行きましょう。

太っている相手とセックスしたくない

ちなみに、セックスレスで以外に多いのがパートナーが太ってしまったというもの。

夫婦同士で互いに太ってしまうのは実はそんなに気にならにものです。

しかし・・どちらか一方だけが太ってしまった。そうなると最悪です。

もしパートナーが太ってしまって性的な対象に見ることができないのなら、しかりとそれを相手に伝えましょう。

いずれにしても、夜が怖い方は、しかと原因を自分なりにはっきりして対策を相手に伝える事が大切です。

関連記事

  1. 50代夫婦の性生活・・夫婦の夜の営みは半年に一回・・

男の自信を取り戻す